ここから本文です

ケリー・ザ・ギャング (2003)

NED KELLY

監督
グレゴール・ジョーダン
  • みたいムービー 33
  • みたログ 202

3.38 / 評価:28件

いつの間にか食い入るように観てました。

  • orl***** さん
  • 2006年8月15日 21時20分
  • 閲覧数 262
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

本当にあった話というのがまた悲しみを増しますね。
1871年、オーストラリア。貧しいアイルランド移民ネッド・ケリーのお話です。
ジョー、ダン、スティーブ、そしてネッド。
最初は銀行強盗だけだったのに、人まで殺めてしまって……。
一番悲しかったのは、アーロンというジョーの幼馴染がいたのですが、ジョーのために情報を警察に売ってしまったのに、最後はジョーに銃で撃たれてしまったことです。
最初はあまり見る気がしなかったのですが、いつの間にか食い入るように観てました。
彼らの勇敢さ、生き様に惚れました!!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ