ここから本文です

ブラザーフッド (2004)

TAE GUK GI/BROTHERHOOD

監督
カン・ジェギュ
  • みたいムービー 100
  • みたログ 1,289

3.59 / 評価:354件

いのちの重さはみんなおなじ

  • flo***** さん
  • 2019年2月17日 0時07分
  • 閲覧数 432
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

戦争にはそれぞれ思想や信念、宗教があって、それがぶつかり合ったときに起こります。互いに自分が正しい、正義だと思い衝突する。戦争という行為自体は悪ですが、人間と人間が自身の信念に持ってぶつかり合うことに悪はないと思います。が、この兄にはそれがありません。あるのは家族で幸せになりたいと思う気持ち。それ自体はすごく大切なことだと思いますが、兄は弟を守るために、たくさんの北朝鮮の人々を殺します。あげくには今まで共に戦った南の人々までも。たった1人の自分の大切な弟を守るために。 その先に未来はあるのでしょうか? そして残った弟はたくさんの屍の上に立つのです。そこに幸せはあるのでしょうか? 戦争はこのような人間のエゴイズムが積み重なって生まれるものだと思います。それ訴えているのであれば素晴らしい映画だと思いますが、残念ながらこの兄弟に同情させるような映画にしか見えません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ