ここから本文です

マングラー2 (2001)

THE MANGLER 2/THE MANGLER 2: GRADUATION DAY

監督
マイケル・ハミルトン=ライト
  • みたいムービー 0
  • みたログ 5

1.33 / 評価:3件

「物足りない」の積み重ね

  • むびず_えぬぴー さん
  • 2008年10月12日 20時58分
  • 閲覧数 276
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 最新鋭設備を誇る「最も安全」な
学校のシステムに侵入した
「マングラーV.2.0」ウィルスが、
その力で生徒達を襲い始める…。

 前作の「機械に憑りつく悪魔」という
設定をモチーフに、より現代的な
「ウィルスの脅威」を描くカナダ産の
ビデオ作品です。

 続編ではあるものの直接の繋がりがなく、
当時量産されていたティーンエイジャーの
サスペンス作品仕立てという事もあって
前作とは大きく雰囲気が異なります。
 
 言って見れば2次創作作品といった方が
印象としては近い気がします。

 そんな作品なので、物語は柵なく
本作オリジナルで進められますが、
その作品自体の仕上がりは残念ながら
成功したとは言い難く、演出面でも
役者陣の演技(魅力)でも高評価は
難しいものとなっています。

 例えば重要な要素である
マングラーですが、その強大な力も
表現規制の前に力を揮えなかった様で、
判り辛い上に恐ろしさが伝わりません。

 また、全編で使用される
マングラー視点のカメラ映像も、

 見られている=襲われる

という演出がない為、ただ学生達が
走る映像を延々と垂れ流す緊迫感の
希薄なものになっています。

 これらは作品中何度も映し出される
「マングラれた」の言葉の響きが持つ
エグさからは想像出来ない生ぬるさで
驚かされます。

 しかしラストのメイク等を見ると
決して全てを否定する程の作品とも思えず、
せめて無駄に尺を伸ばさずに、もっと
簡潔にすれば、少なくともテンポ位は
上手く纏まった気がして残念です。
 
 あまり的確な言い方ではありませんが、
製作側の狙いが尽く空振ってしまうと、
こういう作品が生まれるのかもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ