レビュー一覧に戻る
dot the i ドット・ジ・アイ
2004年7月31日公開

dot the i ドット・ジ・アイ

DOT THE I

922004年7月31日公開

コージ

4.0

ネタバレ今までにない視点の映画でした

気になっていた作品、ようやくレンタルで観ました。 衝撃作品大好きな主婦です。 さて本作も衝撃を味わいたく ほとんど前情報なし、「衝撃」「三角関係」「ガエルガルシア主演」 くらいの情報で観ましたので、多分衝撃をきちんと味わうことができました。 途中で気づいちゃったとか、そんな詮索この映画には必要ないので 目で見える映像を信じて観て味わってください。 あーーーーそうきたか!!と叫びましょう! ということで、未見で楽しみにしている人はここでレビュー閲覧をやめて とにかくまず映画を観ましょう!!! ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ※古い作品なので、内容だけ知りたいという方のためにも ちょっぴりネタバレさせていただきます。 映画パッケージには「絶対に人に秘密を言わないで」と ありましたので、事前に告知させてくださいね。 さて、ということですが 本作を観た皆さんは騙されましたか? 私は冒頭の映像にちょいちょい挟み込まれた メモ書きされたショットが気になっていました。 あとやたら登場するビデオカメラ映像。 誰の視点で何を意味するのか? みんな過去に何かを背負ってそうな雰囲気もプンプン 誰かが何かをかくしているんだろうな?と思っていました。 そこは素直に見つつもどうしても拭えない部分でした。 紳士だけど、几帳面で嫉妬深く、堅物っぽいバーナビー。 情熱的でまっすぐで貧乏だけど、楽しい空気を持っているキット。 その二人に愛され悩み揺れ動くカルメン。 結婚一週間前に始まった三角関係はどうなるのか?? 詮索しないぞと決め込んでいたけど、 意外と何も起こらずバーナビーとそのままカルメンは 結婚しちゃってビックリ。 と思ってた矢先に、新婚なのに急に暗いムードになり、 バーナビーは神経質に怒鳴り、カルメンはちょっと冷めちゃって そのままキットの元へ?それはありなのか?? 色々と疑問もわいてきつつ、そこから怒涛のクライマックスでしたね。 あーなるほどそう来たか。 サスペンスっぽいことを想像していたんだけど、 そうきたか・・・・・ とある人物の「実は・・・」の後から、私も心臓バクバク。 ある意味ライトなのりで衝撃を味わいつつ え、まだ続くの?この先もなにかびっくりするのか? 心臓バクバク・・・・。 あーこの人達もみんなそうなのね、と納得していたら ラストでまたもう一つ工夫がされていましたね。 あーーーなるほど、そうきたのね。(二回目) ちゃんとラストがしっくり来るようになっていましたよ。 この二段落としは気持ちがいい!!! 決してバッドエンドではなく、軽快なかっこいい音楽で エンドロールが始まる頃には、スッキリ気分。 自分がしっかり騙されたことでの後味は悪くなかったです。 ライトに人に不幸が訪れ、ライトなハッピーエンドっていう 言い方でいいのかな? ゴーンガール観たあとなので、もっとえげつないエンドを 想像していました。 ゴーンガール皆さん観ましたか?観てない方はあちらも観てくださいね、 この作品とは全然トーンの違う衝撃が待っています。 あれはちょっとやり過ぎで私は失笑しました。 最後にもう少しネタバレしますね。 一人の人物が大掛かりな嘘をついていました。 それによって大きく傷ついた人物が 最後に技ありな復讐を果たしてくれます。 全員黒じゃなかったんだよね、と胸をなでおろすラスト? と表現してよいでしょうか? ただ、ラストカットはちょっと嫌味でしたよね? 以上です、この辺でお許し下さい。 後から考えるとやや無理やりな付箋もありましたが・・・ なかなかおもしろい作品でした! 色々と衝撃映画を見てきているのでそれらと比べると 衝撃度合いはややライト級ですが、非常に面白い視点の映画でした。 映画好きな方にはぜひぜひ観てほしいです!!

閲覧数347