レビュー一覧に戻る
dot the i ドット・ジ・アイ
2004年7月31日公開

dot the i ドット・ジ・アイ

DOT THE I

922004年7月31日公開

dkf********

3.0

拾い物的面白さのあるトリックサスペンス

脚本のアイデアで見せる小品。ストーリー上のどんでん返しというよりは、映画の構成そのものが大きなトリックになっているのだが、シャマランのようなコケ脅しでなく、しっかり練られた見せ方としてなかなか面白い。伏線の張り方、回収の仕方も良く考えられたもので、この手のサスペンスとしては十分及第点。 手掛けたのはマシュー・パークヒルなる英国人監督(脚本も自作)だが、デビュー作となった本作ではひらめきを発揮したものの、その後は全く名前を聞かない。結局この一作のアイデアのみ形に出来た典型的な一発屋だったようだ。 いかにもラテン系らしい彫の深い顔立ちとセクシーさを併せ持ったヒロイン役のナタリア・ベルベゲ(スペインでなくアルゼンチン出身らしい)が実に魅力的。本作の成功は彼女のキャスティングに寄るところ大で、主演のG.G.ベルナルとともに、全編に漂う濃厚なラテンの香りを決定づけている。 まだ駆け出しの頃のトム・ハーディーが重要な役どころで出演しているのはちょっとした発見だった。 観客が上手く騙されたことにどれくらい納得感、満足感を得られるかが本作の生命線。一般的には全く知られていない作品だけに、これを見つけた人は思わぬ拾い物で得した気分になるかもしれないだけの面白さはある。このトリックの妙、是非試してみてほしい。

閲覧数771