ここから本文です

マイ・ボディガード (2004)

MAN ON FIRE

監督
トニー・スコット
  • みたいムービー 426
  • みたログ 3,514

3.91 / 評価:1060件

ハートウォーミングからのバイオレンス

  • miz******** さん
  • 2020年9月21日 5時39分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

☆3.6。

対テロ特殊部隊だったが心に傷を負い、アル中になったクリーシー。
誘拐がはびこるメキシコで、実業家の娘ピタのボディガードとなる。
ピタに癒され心を通わせるが、ある日事件が起こり…。
(てゆーか解説・あらすじの映画レポート、ネタバレしすぎでは?)

話は面白いです。
しかしまあ、悪い奴が多いね。

前半はクリーシーとピタの交流が優しく温かく描かれます。
必要なものを補い合い、クリーシーの心がほぐれていく描写が良かった。
昔DVDで見て今回TVですが、そーとーカットされてますね(^^;
二人の心を通わせる部分が少ないので、クリーシーの気持ちが解りにくいかも。

中盤、事件からテイストがガラッと変わります。
がっつりハードボイルド&バイオレンス。
ハードな暴力が苦手の方はお気をつけて。

終盤、驚きの悪巧みが判明したり、良い事悪い事いろいろと起こって目が離せません。
ラストはとても切ないです。
普通の人なら泣けるでしょう。

全体的にちょこちょこツッコミどころはあるけどまあスルーできます。

ただ、たくさんの方が言ってるように、映像が酷い。
揺れ、ブレ、チカチカ、シャカシャカ、グラグラ、色もチカチカ、ものすごく多くてイライラしました。
非常に不快。
売り出し中の若手の監督でもあるまいし、何をイキってるのかと。
気が削がれてしまい、主演二人のしっかりとした演技の邪魔をしているといっても過言ではないと思いました。


ダコタファニングが素晴らしいですね~!
聡明な瞳、屈託のない素直な笑顔、切ない泣き顔。
彼女のおかげで価値が上がっています。
デンゼルワシントンはやっぱりいいですね。
ほぼハズレなし。
クリストファーウォーケンの、いい役なのか悪役なのか読みにくいところっていいですよね~。
連邦捜査局長官役のジャンカルロジャンニーニは、最初ハンニバルの刑事がチラついて集中できませんでしたー(笑)
そうそうミッキーローク出てたの忘れてた。
驚きました(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ