レビュー一覧に戻る
マイ・ボディガード
2004年12月18日公開

マイ・ボディガード

MAN ON FIRE

1462004年12月18日公開

bwb********

2.0

ネタバレこの映画の狙いが解らない自分がつらい

まず、デンゼル・ワシントンが好き。 そして、ルピタ・ラモスの天才子役っぷりがよい。 ・・・自分としてはこれだけで十分観た価値はあるんだけども・・・ 最後にデンゼル・ワシントンが殺されに行く意味がまったく解りません。 なぜ彼は戦い続けなかったのだろう? それまでは容赦なく悪人を追い詰めていったのに、なぜ最後は相手の要求を飲んだの? しかも、自分の命を差し出すなんて究極の要求を。 しかも、主犯はなんの報いも受けませんよ。 正直さっぱり解りませんでした。 自分の中では、誘拐犯のやったもん勝ち展開だったのだけれども。 モヤモヤとした映画でした。 ただ想像するに、あの後主人公はとんでもなく無残な殺され方をしたんだろうな。 簡単には死なせてやらない的なね。 北野監督が得意そうなジャンルね。 ・・・そんなの妄想したって全然楽しくないのです。

閲覧数1,405