ここから本文です

日常恐怖劇場 オモヒノタマ 念珠 (2003)

監督
河田成人
楠本直樹
久保年且
  • みたいムービー 13
  • みたログ 21

3.50 / 評価:10件

解説

世界中で注目されるジャパニーズ・ホラーが3プログラム全9話オムニバスという全く新しい形で登場。ジェームズ・キャメロン監督の『アビス』に参加した他、数々のCFを手掛けた岡野正広が総監督を務め、“日常”をテーマに人々が恐ろしい出来事に巻き込まれていく様子を綴(つづ)った、新感覚のホラー作品。日本的な“見せない”と“見せる”を巧みに描き切る秀逸さやSFX・CG技術を駆使したビジュアル・ワークは今までのホラーとは一線を画した注目作!

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

夫が失踪し病気で寝込みがちな美樹(小島聖)を何かと気にかけていた妊婦の博子(原史奈)は、徐々に美樹の部屋で不気味な少女の影を感じるようになる。そんな時、美樹の夫から博子の元へ一通のメールが届き、急いで彼女の元へ向かうが……。(壱ノ珠・念ヒ)

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ