隣のリッチマン
3.0

/ 106

7%
22%
43%
22%
7%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(46件)

笑える28.7%楽しい22.2%コミカル19.4%かわいい5.6%ゴージャス3.7%

  • 一人旅

    3.0

    隣の芝生が“本当に”青かったら…

    バリー・レヴィンソン監督作。 突然リッチになった親友に嫉妬心を爆発させてしまった男の行く末を描いたコメディ。 『ダイナー』(82)、『ナチュラル』(84)、『レインマン』(88)など80年代を中心に名作を撮ったものの、00年代以降はいまいちパッとしないバリー・レヴィンソン監督が2004年にメガホンを取った日本劇場未公開のコメディ映画で、ベン・スティラー&ジャック・ブラックの二大コメディアンによる息の合った競演が魅力となっています。 自宅が隣同士、職場も一緒のティムとニックは家族ぐるみで付き合う大の仲良しだったが、ニックが犬のフンを消せる魔法のスプレーの開発に成功したことから超お金持ちになってしまい、ニックに嫉妬心を爆発させたティムは彼の幸せを壊してやろうとするが―という“嫉妬”をテーマとしたコメディ作品で、ジャック・ブラックが金持ちになって贅沢三昧の日々を過ごすニックを演じ、一方のベン・スティラーが幸せ絶頂のニックとは対照的に家族も仕事も失ってしまう人生どん底のティムを演じています。 嫉妬が人間関係にもたらすマイナスの影響をドタバタ騒動的に活写しながらも、お金以上に友情の大切さをコミカルに謳い上げた、ちょっぴり教訓が込められたコメディ映画です。ティムに悪知恵を吹き込むミステリアスな老人の役でクリストファー・ウォーケンも出演しています。 蛇足) 親友がいくらリッチになったとはいえ、自分の愛妻がレイチェル・ワイズなら十分勝ち組だと思う。

  • シネマバカ一代。

    2.0

    嫉妬についての映画。

    『豪華共演とかまさかの2人出演!!とかってのはこける可能性が高いです。 もっとはじけてもよかったんですけど、ジャック・ブラックがいまいちのりきれてない気がした。 商品アイデアは好きなんですけどね。』

  • par********

    4.0

    嫉妬という怪物にとり憑かれていたんだ

    フンを消す発想はないわ(笑)消えるというより蒸発だよな(´∀`)隣に住む親友ニック…親しみやすくここまで良いやつはいないだろうな~でも悪意のない振る舞いがムカつくのはティムには同情するわ(´-ω-`)あのバーで知り合ったJマン…バーで慰めてもらったうえにタクシー代くれるとかここまでは良い人だね♪それ以降はちょっとゲスいけど(´ε`;)ティムが最後まで悩んでだことをニックは怒りもせずに笑顔で許すとかニックさんあんたって人は…(´;ω;`)この二人の友情に乾杯!

  • uso********

    4.0

    お金よりも友情

    お楽しみのあとは、後片付け。 つくづく、アメリカのドラマって、大騒ぎしたあとで、その後始末をうだうだやってる印象が強いですね。これは、ドラマとか、映画で、繰り返しとりあげられるテーマです。 突然、大金持ちになったら、後先考えずに家を遊園地にしたり、ランボルギーニを乗り回したりするんだろうな。 庶民は、庭に作るプールの形で悩んでいるのに、隣人がいきなり大富豪になったら、どうなるか、という。。。 ワンテーマをていねいに一本の映画にまとめた感じです。 細かい理屈は抜きに、肩の力を抜いて楽しめます。 好みの俳優さんなので、たぶんジャック・ブラックとベン・スティラーが嫌いな人は見ないほうがいいかも。

  • vez********

    3.0

    こんな友情がいい

    学生時代と違って、実社会に出て生活していると、複雑な利害関係があって、なかなか真の友情は築けないことを日々実感します。複雑な利害関係-貧富の差が、その最たるものだと思います。 作品中のニック(ジャック・ブラック)とティム(ベン・スティラー)のような友情を本当に築くことができれば…。 人は他者とのかかわり合いなく生きていくことができません。 そう考えて、評論子も、有縁の人とは、誰とでも、豊かな人間関係を築きたいと考えているのですが…。 それが評論子の人生の「調味料」になれば、幸せだなぁと思います。 [平成22年6月11日 TV放送(録画)観覧]

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
隣のリッチマン

原題
ENVY

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル