ここから本文です

誰も知らない (2004)

NOBODY KNOWS

監督
是枝裕和
  • みたいムービー 2,052
  • みたログ 6,320

3.95 / 評価:2226件

子どもは親を選べないという静かな衝撃作

  • ポルティ さん
  • 2019年9月29日 20時38分
  • 閲覧数 4549
  • 役立ち度 9
    • 総合評価
    • ★★★★★

まさに静かな衝撃作である。公開当時に劇場で本作を観た観客のショックはどれほどだっただろうか。
児童虐待=暴力というイメージが先行するが、育児放棄がどれほどの惨い虐待であるか、この作品で思い知った。
なにより、日本にも「無戸籍児」が存在していることを世間に知らしめたことでも本作は大きな意味を持つ。

是枝監督は冷ややかともいえる客観的な視線で子供たちの悲惨な日々を綴ることに徹し、必要以上に感情移入してこない。手持ちカメラの効果もあり、痛々しさを増長するドキュメンタリータッチの演出が容赦なく観客の心に突き刺さってくる。

健気に生きる4人の子ども達の長兄役の柳楽優弥は本当に素晴しい演技を見せてくれる。この難しい役どころを自然体で演じているが、世界で絶賛されたのも納得の神演技だ。
YOU演じる母親は自分で育児放棄をしている認識はないだろうし、子供のことは本当に愛していたと思う。ただ常識がズレているだけなのだが、それだけにこんな毒親を持った子ども達が不憫でならない。そう、子どもは親を選べないのだ。

児童虐待が話題になる現在(いま)こそ、改めて見直すべき一本と言えよう。こんな作品が日本映画として存在していることに価値がある。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ