ここから本文です

恋の門 (2004)

監督
松尾スズキ
  • みたいムービー 117
  • みたログ 1,799

3.23 / 評価:314件

この石に死んだお婆ちゃんの顔が・・・

  • tengu3711 さん
  • 2010年3月23日 21時37分
  • 閲覧数 919
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

どーも、「ライアーゲーム」観に行こうかなぁ・・と思ったんですが、

ちょっと、体の調子が落ちて来てるので、「花見」本番に向けて自粛しました。

俺、テレビだからとか、映画だからとか、気にしないタイプ。

ついでに言えば、「吹き替え」も「映画は映画館で」も、こだわってはいない。

ジャッキーものは、いつも石丸さんの「吹き替え」で観てるし、

余程、ドヘタと分かる様な、「話題先行の吹替え」は、イヤだけどね・・・

あと、映画館で観るのは「金」かかるからね。

このレビューには、映画好きの学生さんや、金の無い映画ファンだっている。

そういう人達も、気軽にレビューして欲しい、その為にはテレビ観賞だろうと、

DVD鑑賞だろうと、「想い」があれば、いいと思う。

「偏見」を持つ事は、「間口をせばめる」だけだ。

映画より面白いテレビドラマもあるし、

テレビより退屈な映画も、ヤマほど在る。

要は観客を、喜ばせれば、それでいい。



さて、その「ライアーゲーム」にも出ている松田翔太の「お兄さん」

龍平の主演映画が、この「恋の門」

しかし、この兄弟は、良く働くねぇ・・・お母さん想いだよなぁ・・・

顔もオヤジさんに、ほんと、似て来たねぇ・・・

息子二人の活躍ぶりに、きっと、オヤジさんも喜んでると思う。(T_T)


で、今回、監督は大人計画の松尾スズキ。

この間、観た「片桐はいり4倍速」の「部長」が「ツボ」だったので、

「たらの芽の天麩羅」と、いなだの刺身を肴にチビチビやりながら、鑑賞。

レビュータイトルは、主人公の芸術作品を観て、恋人が本人に告げる感想。

出演陣が、とにかく「地味に豪華」です。

まさかの「ハードゲイ・コスプレ」で宙づりにまでされて、ノリノリの小日向文世さん。

まさかの「メーテル・コスプレ」で自己紹介する大竹しのぶと平泉成夫婦。

「山と一体化している」片桐はいり、デブその一の役で井口昇監督。

「綾波レイはじめました」の看板持って現れる三池崇史監督。

完璧なる「お色気担当要員」小島聖、そしてエヴァのアノ人や、「さくらん」のアノ人、

ナニゲに、全然、気付かなかった尾美としのりと田辺誠一。

ラスオチでは、あの方が、大声出して怒ってます。


オモシロイ~ヽ(^。^)ノ、この手の面白くてイッキに観れる映画はいいね。


クライマックスのキヨシローには・・・グッと来ました(ToT)/~~~


「全く違うモノでも、よく見れば同じもので、できているんだよ・・・・」

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ