2004年6月19日公開

ぼくの瞳の光

LUCE DEI MIEI OCCHI/LIGHT OF MY EYES

1202004年6月19日公開
ぼくの瞳の光
3.8

/ 6

33%
33%
17%
17%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(4件)


  • ros********

    3.0

    ルドヴィコの音楽が聴きたくて

    「光、あふれる日々」というルドヴィコのCDがあるのですが、本当に悲しくて、聴きながら泣きじゃくりました。ルドヴィコの音楽は、本当に3秒で泣いてしまいます。大切なものが遠くに行ってしまったような、そんな気持ちになって、本当に涙が止まらないのです。 この映画は、そんなルドヴィコ・エイナウディが音楽を手がけたということで、音楽が聴きたくて見ました。生活を必死に守っているはずなのに、どこかうまくいかない主人公に、胸がつまりました。こんな男性いるのかしら、ていうか、あたしの持つイタリア男のイメージを大きく裏切る主人公の男性にも心惹かれました。ステキ☆ ルドヴィコは、2000年にこの作品の監督ジョゼッペ・ピッチョリーニ(Giuseppe Piccioni)と「もうひとつの世界(Fuori dal mondo)」を作っているのですが、映画と同じ題名の曲が前述のCDに収められていて、素晴らしいです。本人がピアノを弾いているのですが、叙情性が豊かです。ほかにも「ナンニ・モレッティのエイプリル」などを手がけています。こちらは、明るめ・社会派の作品です。子供が生まれる父親が、子供のためにどういう社会を残したいかについて考えた作品です。音楽が印象的に使われているので、こちらもおススメです。

  • cs5********

    2.0

    それを不器用と言うなら不器用すぎる

    必死で“今日”を生きる、不器用な人間達の葛藤が心にしみる佳作。 にしてもコレ、不器用なんでしょうか? アントニオの情に流されるカンジは、昔は不器用と言ったかもしれない。 マリアも幼少の頃のトラウマを抱えていたとはいえ、あまりにも世間が見えてない。 娘が命だと言いながら、やってる事は自己中心。 夜はほったらかしで男のことでヒステリック。 「いい加減だと思うかもしれないけど、私はこれでも必死でやってるの。」 うん。こういう人って必ずそういう言い訳をする。 アントニオの好意に気がつきもせず、「あてにならない人」なんて言うし。 アントニオ、あんたの借金のために働いてくれてたのに。 何故、返済が要らないと言われたか、考えもしない。 ラッキー?くらいにしか思ってない。 不器用な人間って、人の情けや親切を身に沁みて感じるんじゃないのかな? そういうのに敏感になるんじゃないのかな? そんな心さえ麻痺させてしまう程、日々の生活に疲れきってるんだよ、と言いたいのかな~。 そうかもね。 そうなのかもね。 心に余裕がないから。 そこまで追い込まれたことないから、分からないのかもしれない。 暗いのは好きだけど、この陰気さはイヤだった。 そう、陰気なの。ジメジメしてて。ため息が出ました。

  • ame********

    5.0

    すごく良かったです

    こういう映画をどんどん公開して欲しいなあ……。 音楽がとにかく作品にマッチしていて、かなり癒される作品でした。 さすがイタリア映画祭優秀作品といったところでしょうか。

  • wat********

    5.0

    暖かい

    過去や宇宙空間という非日常を絡めながらなかなか変わらない現実や過去の終わってしまったが癒されていない後悔や苦しみを描く作品

1 ページ/1 ページ中