レビュー一覧に戻る
MIND GAME マインド・ゲーム
2004年8月7日公開

MIND GAME マインド・ゲーム

1032004年8月7日公開

bakeneko

5.0

ネタバレ神様のイメージ群には赤塚キャラも…

ロビン西の原作コミック『MIND GAME』を実写から手書きまで様々なアニメーションの表現手法を駆使して映像化した湯浅政明の初監督作品で、通常のアニメーションの数倍の密度の絵と、息つく間もないスピード展開&力の入った暴走演出による一級の不条理サスペンスを堪能できます。 関西を舞台にして、幼馴染の恋人と再会した20歳の青年が巻き込まれたヤクザとの逃走サスペンス→鯨の体内でのサバイバル→現実世界への回帰を、怒涛のアニメーション表現の洪水と体育会系力走演出で引き回してくれる娯楽作品で、コテコテの関西弁の出演には吉本の芸人さん達が参加しています(坂田師匠まで…)。 初監督ということで、ありったけのアニメ手法と細やかなカット&力瘤が見えるような体力演出で、観ている者を物語の世界に引き込んでゆく作品で、タランティーノ映画の様なヤクザの暴虐サスペンスや、クリストファー・ノーランの作品の様な大掛かりな本格アクション、ロバート・ゼメキスの様な粘りに粘るクライマックスの脱出活劇…と見所てんこ盛りの力作となっていますので、ジブリ作品にはないコテコテの“凶暴な娯楽性”を堪能しましょう! ねたばれ? 廻り回って元通りって言う展開では「アイ・シティ」も連想させますな。

閲覧数2,244