ここから本文です

茶の味 (2003)

監督
石井克人
  • みたいムービー 244
  • みたログ 1,761

3.41 / 評価:357件

淡々とした映画だとしても

  • tak***** さん
  • 2018年11月13日 20時00分
  • 閲覧数 843
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

淡々としてることだけで、悪い映画と決めつける事は、どう考えても視野が狭いと思うが。タルコフスキー然り、デレク・ジャーマン然り、眠たくなる名作は世の中には山ほどある。感想の個人差はあると思うが、ずっと刺激の多い映画だと感じる。何も起こらない映画に見えて、各登場人物は、勇気を出して恋する人と近づいたり、やれなかった事が出来るようになったり、家族との距離を実感できたり、と小さな一歩を進めており、コントとしての好き嫌いは出るものの、「あるある」からシュールまで優しい笑いに包まれていて、鑑賞後の後味はすこぶるよろしい。初めて囲碁する時、喉やお腹がグルグルいいまくるシーン、浅野と中嶋のシーンなぞは秀逸すぎて脇汗がにじみ出る。
最近の輩の物言いに多いが「合わなかったから、嫌い」ではなく「こんな映画が好きな人もいるんだろうな」という少し広めの視野を持っていただきたい。私なんかは単純に「こんな映画がこんな豪華カメオ出演ありで撮れてた幸せ」を羨ましく感じる。決して傑作とは言わないが、一見の価値ある映画と断言する。少なくとも、各俳優のナチュラルな(ダラけた)演技を観れただけで安堵を感じ、最近の演技過多な傾向に憂いを感じられただけでも、批評性も高いと思われる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ