2004年12月18日公開

ベルヴィル・ランデブー

LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE/THE TRIPLETS OF BELLEVILLE/BELLEVILLE RENDEZ-VOUS

802004年12月18日公開
ベルヴィル・ランデブー
4.0

/ 199

37%
40%
14%
7%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(87件)


  • bor********

    4.0

    耳に残るね、あの歌

    思いのほか良かった。何かしらノスタルジックな雰囲気があって、コミカルなシーンもあるけど割と大人向けのテイストで、ストーリーそのものは単調ながらちょっと壊れかけたような演出がデフォルメされた世界によく馴染んでる。面白かった。

  • mai********

    3.0

    幸せを取り戻す

    ただ風刺をきかせるだけでなく、妙にシュールだったりコミカルだったりする。 その中で描かれるのは ただただひたすら夢を追いかけて、頑張って頑張って その夢を叶えた瞬間に、その上前をサクッとかっさらうような奴らが この世には必ずいて そいつらに対して、ちゃんと行動しないでいると 幸せを奪われたままになってしまうという事。 おばあちゃんがレーサーの孫を取り戻すために マフィアの巣窟に潜入するわけだけど、 夢や努力の結果の果実だけをかっさらう様な奴らに デカイ顔をさせててはいけない。 辛い思いも、悲しい思いも、ただ我慢なのかい? でないと、カエルばかり食すことになる………?! 2021年9月11日シネマテークたかさきで鑑賞

  • ron********

    4.0

    とにかく魅力なのがデフォルメとシュールさ

    ’03年度の第76回アカデミー賞では長編アニメ映画賞と歌曲賞の2部門にノミネートされたフレンチ・アニメの傑作。 架空都市を舞台に、誘拐された孫を救おうとする老婆の冒険をノスタルジック&シュールにつづる。 戦後のフランス。 自転車レースに参加した孫を、マフィアに誘拐されてしまった老婆。 小さなボートで孫が乗せられた大型船を追ううちに、老婆と愛犬ブルーノは巨大都市“ベルヴィル”へとたどり着く。 今回、今回は5864日振りのスクリーンでの公開というリバイバル公開です。 監督・脚本・キャラクターデザイン・作画監督は、「パリ・ジュデーム」や「イリュージョニスト」のシルヴァン・ショメ。 声優は、「イリュージョニスト」のジャン=クロード・ドンダ、「アメリ」などのミシェル・ロバン、モニカ・ヴィエガスなど。 音楽は「アップサイドダウン 重力の恋人」などのブノワ・シャレスト。 原題「Les Triplettes de Belleville」 映倫区分G 2002年作品 フランス=カナダ=ベルギー合作作品 配給はクロックワークス 上映時間80分 大好きな作品なんです。 DVDも持ってます。 今回のリバイバルで、もう一度劇場で観ようと思いました。 この映画は評価も高かったので、世界中にファンがいます。 私もその一人です。 初めて公開された2002年頃は世の中はCG作品に軸足を移していった。 そんな中で、2D手描きアニメーションにこだわったこの作風がとても大好きです。 とにかく魅力なのが、この絵とシュールさ。 人物の顔や体、街、船などに過剰なまでのデフォルメが加えられている。 このデフォルメがとても不思議な動きをします。 もの凄く、クセがつよいんじゃぁ。です。 多少グロテスクな感じはするんですが、これがなぜかノスタルジックさを感じさせる。 可愛らしくて、それでいてダーク。 このバランスが見事です。 ストーリーはとてもわかりやすくシンプル。 クライマックスの、ばあちゃんたちとマフィアの追いかけごっこの展開も面白い。 全編ほとんどセリフといったセリフのない映画です。 主人公のおばあちゃんも、喋りません。 喋らないけど、デフォルメされた絵が最高に可愛い。 表情や動きが、とにかく可愛い。 それにワンコのブルーノ。 これが最高に可愛い。 ブルーノはワンワンと吠えまくってます。 それに音楽。 これがまた粋。 エンドロールの音楽もいい。 シルヴァン・ショメ監督が敬愛するジャック・タチ、マックス・フライシャーのアニメーション、チャールズ・チャップリンら監督の少年時代、50年代を彩るさまざまな著名人への愛に溢れたオマージュが捧げられています。 随所に散りばめられた、あそび心たっぷりのたくさんの仕掛けも見逃せないですね。 この辺りが非常に魅力的な作品です。 カンヌ国際映画祭では、特別賞、犬のブリュノに対して、パルム・ドッグ賞というの受賞しています。 いいですね〜シャレが効いてますね。 なんか、全てにおいて、観客に媚びてない感じがします。 それがとてもいいですね。 ■興行収入予想 興行的には、現段階では上映館数10館と少ない。 7月9日(金)から全国順次公開中。 初回公開は、日本では 2004年12月18日公開。 フランスでは 2003年6月11日公開。 製作費は800万ドル。 興行収入は1470万ドル。 日本の興行収入はわかりません。 今回は5864日振りのスクリーンでの公開というリバイバルです。 初登場圏外スタートでした。 最終興行収入は800万円くらいか。 星4つ(5点満点) ★★★★

  • aoa********

    2.0

    短編だったなら…

    非常に独特な世界観で観る人を選ぶ作品に感じます。キャラクターデザインとかBGMにセンスを感じますが、ストーリーはかなり不条理で…正直、自分には合わなかったです。短編なら良いんですが、長編で2時間近い鑑賞だとかなりキツイ…。変な例えですが、ネプチューンの堀内健さんをショートコントなら面白く感じるけど、長いコントだとかったるく感じてしまうようなイメージ。なのでエンドロールまでたどり着くのが辛く感じる映画でした。

  • ********

    5.0

    アメリカへの眼差し

    2002年。シルヴァン・ショメ監督。両親を失った(らしい)少年と暮らす祖母。孤独な少年のために犬を飼い、自転車を買ってあげる。やがて、少年はツールドフランスに出場するほどになるが、マフィアにさらわれてベルヴィルの街(ニューヨークっぽい架空の街)に連れて行かれる。少年を取り戻そうと祖母と犬もベルヴィルに向かう、という話。 一筋縄ではいかない物語と映像と音楽がカッコいい。こういうのを「スタイリッシュ」というのだろう。映画(映像)を見ることやのめり込むことへの批評やディズニーアニメ(をはじめとするアメリカ文化)への距離感は最高。憧れと違和感が同居している感じ。それが戦後ヨーロッパがアメリカに向ける一般的な眼差しだと言われればその通りだが、それを長編アニメの世界で醸し出す(大々的に打ち出すのではなく)のは天才の仕事。ちょっとした小ネタも満載で、アクションのテンポも素晴らしい。

  • pbs********

    5.0

    なぜか未来少年コナンを思い出した

    全く別物です,ストーリーもかすりません。 コナンとラナとジムシーに対しておばあさんとシャンピオンとブルーノ。 インダストリアに対してベルヴィル。 コナンとおばあさんの超人ぶり。 荒海を乗り越える。 カエル。 友情とちりばめられたユーモア。 高速圧縮された濃密な冒険ストーリー。 ラブロマンスで無くても家族愛に満ちています。 ラストのシャンピオンのセリフには来るものがありました。 高評価につられての鑑賞,令和3年上半期の お気に入りNo1。 家族にもみせたくて,もう一度観たくて,BL購入。

  • nar********

    4.0

    アートとはこの映画の事也

    予想を超えてくるアニメ表現ばかりで、とても刺激的な80分ぐらい。 デフォルメされまくったキャラクター造形や動きだけど、人間の不気味さや可笑しさが絶妙にあらわされていた。それはアクがだいぶ強くて、日本の清涼飲料の様なアニメとは違い生理的な好き嫌いが分かれるだろうけど、その個性がこの映画のアート性だと思う。音楽も当然の様に良くて、三つ子姉妹が歌うテーマソングは本当に素晴らしい。 また、セリフがほとんどないこの映画で、最初と最後にあるセリフに深い愛と絆がこもっていてちょっと泣いた。

  • pip********

    4.0

    教養深い大人が、軽く見るのがかっこいい

    身構えて見る映画ではない。 シニカルな表現にニヤリ(この日本語がなかった、苦笑とも違う)としつつ、このBGMと同じく、軽く受け流して観る映画なのだ。 フランスにこういうデフォルメを持ち込んだのは、写楽だと思うんです。 北斎もかな。 面白がっていくと、こういう作品が生まれるんですね。 「ぼくのおじさんの休暇」のチラシ?だけは気付いたけど、チャップリンのオマージュは言われてそうかな、と思う程度、ギタリストは知らないし、フレッド・アステアやグレン・グールドの登場もレビューで教えてもらいました。まだまだ教養不足です。

  • じゃむとまるこ

    5.0

    傑作に出会えた幸せ

    断言、傑作です。 ノスタルジックでシックな色調、ダイナミックな構図。 音楽と、犬が吠える以外は無声映画のよう。 三つ子のジャズ歌手が歌い、ジャンゴ・ラインハルトが超絶技巧でギターを弾く、ジョセフィン・ベイカーのデフォルメされたダンス、ちょっと斜め目線からのフレッド・アステア、彼らの舞台で華々しく幕が開く(早くもブラックテイストが見え隠れ)。 時は過ぎ、おばあちゃんと幸せに(寂しくかも)暮らすシャンピオン、孤独な孫のためおばあちゃんはある日子犬をもらってくる、大喜びのシャンピオンだが何かが足りない、おばあちゃんはシャンピオンへの愛で気が付く、そうだこの子は自転車に夢中なんだと三輪車を買い与える、シャンピオンの喜びようが凄い。 ここまでが布石の部分。 シャンピオンは今でいう自転車ヲタク、おばあちゃんと二人三脚で遂にツール・ド・フランスに出場することになる。 そこで事件が起きる、孫の一大事、おばあちゃん八面六臂の大活躍。 絵の構図もダイナミック、大きな船とおばあちゃんとブルーノ(犬)を乗せた小舟の対比、荒れた海の表現の美しさ。 行きついた先の大都市ベルヴィルの絵が素晴らしい、ペン画の魅力が出色。 老いた三つ子歌手が再登場、おばあちゃんとセッション、ムムム凄いアイデアです。中盤から盛り上がる三つ子も巻き込んでのストーリー展開も斜め上を行っていてワクワクしました。 そして・・・・フランス映画独特の辛辣な目線も見え隠れ、人生の機微を描く大人の映画たらしめています。 何よりも音楽が素晴らしい、ジプシージャズという感じですが、おーーーー!グレングールドじゃない?ジャズバッハよ、スウィング感がごきげん、サントラが欲しいです♪ 色彩、構図、音楽最高♪、DVDも欲しいです。

  • Kainage_Mondo

    5.0

    間違いなく映画史に残る。

    2010年 ( 日本公開は翌年の 4月 ) 、美術品とさえ思えたアニメーション「イリュージョニスト」に魅了され、その名を刻んだ シルヴァン・ショメ監督 ( 以下敬称略 ) の 2002年 の作品が本作だ。 20年を経ての リバイバル上映 だが、これが ! 期待をはるかに超える傑作だった。巻頭の “三つ子” の舞台の TV放送シーン から、風変わりな歌詞を軽快な曲にのせたご機嫌の エンドクレジット が終わったあと、周到に準備された ワンシーン が映し出されるまで、本当にもう一瞬の弛みも無く、つぎつぎと観客を惹き込む 技 の数々に感心したし、アクション映画 顔負けのクライマックスも見事だった。 「イリュージョニスト」と較べると 多少ドロドロした癖のつよい絵面だが、これはこれで好みだったし、ド・ゴール大統領 の演説や、ツール・ド・フランスの再開 ( 1947年 ) の話や、物騒なところでは “三つ子” の婆さん達が愛用していた ドイツ軍仕様の手榴弾 などが時代色を醸し出していたのも好もしかった。 孫の シャンピオン は今ひとつ目立たなかったが、お婆ちゃんのキャラが魅力的だったのと、犬の ブルーノ が全編を通して大活躍だった ( カンヌ映画祭で “パルム・ドッグ賞” の次点に入ったらしい ) のが嬉しかった。そして原題ではタイトルロールに当たる “三つ子” が怪しい魅力を放っていた! 訳ありの住居で訳ありの食糧 ( 笑 ) で、それでも舞台人としての矜持を持ち続けているところが良かった。「イリュージョニスト」の 老奇術師タチシェフ と通ずるところがあったかも知れない。 【 余談 】 足漕ぎボートで巨大客船を追い、あの凄まじい嵐も乗り越え、結局のところ大西洋を横断して ニューヨーク にたどり着いたのか~ と思った ( 自由の女神擬きもあった ) が、どうもそうではなかったらしい。ハンバーガー店とかアメリカ色は出ていたけどね ・・・

  • ken********

    5.0

    音楽とカエルは忘れられない

    見るの久しぶり。 あの音楽は、ほんと忘れられない。あと、カエルの存在も忘れられない。 ベルヴィルの夜景は美しく、個性的なキャラにストーリーもたまらない名作です。 まさか、また劇場公開するとは、びっくりです。 癖になる映画です。

  • shoko

    4.0

    個性と芸術性に優れたフランスらしいアニメ

    先日、オーストラリアの公共放送SBSのネット配信でみつけて鑑賞。 ディズニーの「ファインディング・ニモ」が受賞した年に、アカデミー長編アニメ賞にノミネートされて、気になっていたフランスのアニメ映画です。 思った以上にデフォルメが激しく、ちょっとグロく感じる描写もあるので、好き嫌いがわかれるかもしれません。 でも色使いやセンスにフランスらしさがいっぱいで、私は目が離せませんでした。 なんでも丸っこくて立体的で健全で教育的なCGキャラクターが多い中、こういう個性の強い手描きアニメは貴重です。 監督の好きなジャック・タチやチャップリン、キートンなどのサイレント映画の影響でセリフがほとんどなく、音や音楽で綴られる作品であることも特徴的。 この音楽がとてもおしゃれでセンスがよくて、こちらもアカデミーの歌曲賞にノミネートされていたのに、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』のアニー・レノックスの主題歌に敗れ。 ニモもロード・オブ・ザ・リングも大好きな映画だけど、芸術性からみたら、絶対こっちだよね、と今、思う、、。 グレン・グールドやフレッド・アステア、ジョセフィン・ベーカーが描かれているのも嬉しくなっちゃうし、ツール・ド・フランスが舞台になるのも、フランスらしさがいっぱいで好き。 シルヴァン・ショメ監督作品は「イリュージョニスト」(ジャック・タチ監督が生前に執筆した脚本)と「パリ・ジュテーム」(マイムをする両親がでてくるエッフェル塔の作品)をみたけれど、この三つ子のおばあちゃんたちが活躍する作品をもっとみたいな〜、と思いました。 日本では今年7月からリバイバル公開されるそうなので、アニメに目がこえた日本の観客には喜ばれるのではないかな〜と思います。 四つ星半。

  • nap********

    2.0

    お婆ちゃんの愛が凄い

    絵やお話はシリアス。 お婆さんも孫も台詞最初と最後しかない。孫のセリフは最後に「お婆ちゃん、終わったよ」と初めて喋るシーンは良かった。 犬の餌や3人のシンガーとお婆さんの食事シーンはグロテスク。 カエルを食べるのはちょっと。しかもまだ生きてるカエルが皿から脱走しておばあさんが見つけて窓の外に逃がしてあげるんだけど電車に引かれちゃうのよね。 可哀相に。 まぁ二度は見ないかな。

  • eac********

    5.0

    グレイッシュな色合い。

    今の綺麗に作られたアニメにはない要素だらけで大好きです。デフォルメされた人物像と犬の餌の色合いと。初めてこの映画を観たのは随分前でしたけど、今もたまにみたくなります。大人になった男の子は草剪さんに似てると当時は思ったものでした♪

  • エル・オレンス

    4.0

    ネタバレとんでもなくシュ――ルッ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • つとみ

    3.0

    ちょっと残念

    見たい映画が少なくなって、アニメ映画にも手を出し始めた頃に薦められた作品。 映像は独創的。ストーリーも悪くはない。音楽はかなり良かった。 にもかかわらず、総合的にはイマイチなんだよね。 多分、アニメ=子ども向けというのがあるからなのか、所々にリアリティーのない、ポパイがほうれん草食べてパワーアップみたいなアニメ的ご都合シーンがいけないんだろう。 メインの客層かもしれない子どもに媚びるのは間違いではないだろう。 しかし、あくまで「かもしれない」程度で、本当は大人向けだと思うんだ。 だって作品がシュール過ぎて子どもには面白くないと思うよ。感情移入しやすい同世代のキャラクターも出てこないしね。 アニメだからといってあり得ないようなことが「起こらなければいけない」わけではないと思う。

  • low********

    4.0

    大人こそ楽しいアニメヽ(^。^)ノ

    アニメが苦手だ。 「千と千尋の神隠し」では途中で居眠り(-_-)zzz、「崖の上のポニョ」ではあくびをかみ殺す始末。 ところがこのフランス製アニメでは、瞬きをする暇もなくアッと驚く衝撃のラストまで目をこらして見入ってしまった。 アカデミー賞のアニメ部門にノミネートされるも、その年の受賞は「ファインテイング・ニモ」。 冒頭からスウィングする三姉妹のコーラスにジョセフィン・ベーカーの魅力的なダンスとぐっと大人向き。 そしてフランスと言えばあの有名な自転車レース「ツールドフランス」へと、お話はもつれ込んで行く。 憧れの自転車レースに孫を出場させようと、手製のトレーニングマシンで頑張るお婆ちゃんと犬一匹。 殆ど台詞は無く、一度聴いたら耳を離れないバックミュージックで奇想天外なストーリーが展開して行く。 見ているこちらは、ただただその流れに身を委ねる。 なんともおフランスなアニメでした~!

  • tak********

    5.0

    サントラ 即買い

    シニカルで せつない 音楽も最高 脇キャラも魅力的 (Bruno 3婆 カエル ほか)  今まで見たアニメ映画で 最も良かった。

  • pir********

    1.0

    アンチディズニーが作った眠たいアート

    絵はおもしろいし、音楽もよかった。 でも 正直80分間睡魔との戦いでした。 何度も落ちかけた… 絵。 フランス特有で日本人には新鮮なディフォルメ。アーティステック。 でも、生理的に気持ち悪い…オエー。 物語。 ベタじゃなく、テンプレじゃなく、意外でシュールな展開。 でも、すごくたいくつ… 意欲作で芸術的なのは理解できたんですけど。本能的に「眠い!!!」って信号出ちゃいました。 それと、露骨すぎるアンチディズニー表現。作中のシーン、監督のインタビューから、相当のディズニー嫌いが感じられます。たしかにこの頃のディズニーは低迷してたし、私自身も最近のディズニーは嫌いです。でもそんなえげつなく表現することなくない?ディズニーに負けてない!って自信があるなら、子供みたいな嫌がらせはしないでほしかった。逆にコンプレックスなのかなって思っちゃうって。そんなこと見てる側に気にさせない欲しい。「でっかい事言う割に小さいなあ」って感じてしまって、それもマイナスポイントでした。 まあ個人的な感想ですので。ファンの方すみません。

  • amo********

    4.0

    興味のある人だけ見た方がよさそう

     興味があるなら見て欲しいという意味では☆5なのですが、私はこの絵柄は少ししんどいです。どことなくグロテスクで、(まさにグロテスクなシーンもありますし)あまり見たくないな。絵だけでなく全体的に狂気じみていて、胃もたれのような気持ち悪さがお腹に残りました。  見たことは後悔しませんが、イラストやアニメーションに特別興味を抱かない人に勧める気にはならないです。

1 ページ/5 ページ中