レビュー一覧に戻る
ベルヴィル・ランデブー
2004年12月18日公開

ベルヴィル・ランデブー

LES TRIPLETTES DE BELLEVILLE/THE TRIPLETS OF BELLEVILLE/BELLEVILLE RENDEZ-VOUS

802004年12月18日公開

********

5.0

アメリカへの眼差し

2002年。シルヴァン・ショメ監督。両親を失った(らしい)少年と暮らす祖母。孤独な少年のために犬を飼い、自転車を買ってあげる。やがて、少年はツールドフランスに出場するほどになるが、マフィアにさらわれてベルヴィルの街(ニューヨークっぽい架空の街)に連れて行かれる。少年を取り戻そうと祖母と犬もベルヴィルに向かう、という話。 一筋縄ではいかない物語と映像と音楽がカッコいい。こういうのを「スタイリッシュ」というのだろう。映画(映像)を見ることやのめり込むことへの批評やディズニーアニメ(をはじめとするアメリカ文化)への距離感は最高。憧れと違和感が同居している感じ。それが戦後ヨーロッパがアメリカに向ける一般的な眼差しだと言われればその通りだが、それを長編アニメの世界で醸し出す(大々的に打ち出すのではなく)のは天才の仕事。ちょっとした小ネタも満載で、アクションのテンポも素晴らしい。

閲覧数272