ラブ・ファクトリー

THE ONE AND ONLY

91
ラブ・ファクトリー
3.3

/ 7

0%
29%
71%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)

ロマンチック26.7%笑える20.0%コミカル20.0%かわいい13.3%切ない13.3%

  • ali********

    3.0

    イングランド北部、地方都市の人々と生活

    ニューカッスルの街で、イタリア男との結婚に疲れた女性と、恐妻から解放されたイギリス男とのラブコメディ。華麗なロンドンと違い、地方都市を舞台にした映画は、「平均的な」イギリスの社会や人々を描く内容に集中できる。この映画は、その内容が少し薄い感じだが、悪くはなかったです。ダメな夫、怖い妻とはどういうものかも、よくわかる! 同じ街を撮った『ヒミツの恋愛トレーニング』は、レビュー済みですが、再鑑賞して評価がアップ。これは、日本製の『阪急電車』(★=レビュー見てください)より落ちるが、『ガールズ』★や、アメリカの『ニューイヤーズイブ』★よりは良いという、かなりのレベルですね。 それにしては、あまり注目されていませんが。 まずまず豊かだが退屈な地方都市で、イタリアから来た美女が「誘惑術」の講座を開き、集まった多様な女性たちが変身できるか。・・・そのメイン・ストーリーはともかく、イギリスの庶民社会をのぞいた気分が、楽しい。講座に集まった女たちという設定は便利で、工場労働者、ホテルマネージャー、店長代理を狙う女性など、いろいろ登場します。その家族や職場の問題も、かなり描いている(ちょっとコメディ色がしつこいが)。女性たちの気持ち、がんばり、励ましあいが、リアルかつ前向きなタッチで良かった。男たちは基本的に、ダメ男になっています。 イギリス地方都市もので有名なのが、『フル・モンティ』。衰退した鉄鋼業都市のシェフィールドの失業した男たちが、大胆なフル・モンティを試みて、金を稼ぐ。でも、とくに離婚した父親と息子の関係が、泣けましたね。

  • 弦のないハープ

    4.0

    タイミングの悪い一目惚れ

    主人公ニールのタイミングの悪さがとにかく可笑しい。 パートナー、ジェニーと別れようとした矢先、里親になる事が決まったり。 一目惚れ相手スティービーは妊娠中の人妻だったり。 ジェニーの妹に愛情を勘違いされたり。 しかも、スティービーに会えば必ず失敗や邪魔が入る。 スティービーの夫でイタリア人サッカー選手の、 自己中ぶりや、おバカさんぶり。 ジェニーの横暴ぶり、激烈ぶり。 “スープ男”“スープ女”と呼びあってるステラとスタン。 里子としてアフリカからやってきた“難しい名前”の女の子。 よくあるタイプなキャラなのに。 それぞれが実に活き活きと魅力的で笑わせます。 気持ち良くかみ合っているアンサンブルも楽しい。 アントニー・ゴームリーの巨大彫刻「エンジェル・オブ・ザ・ノース」も圧巻。 舞台となっているのはニューカッスル(イングランド北東部)。 派手さは無いけど、地方都市の雰囲気を堪能。 小ネタ(子ネタも)満載。 台詞も面白いが。 ディテールや、ちょっとした演出が多いに笑いを生む。 お約束なハッピーエンドまで楽しい1本。 元ネタはデンマーク映画。 英語タイトル『The One & Only』

  • jun********

    3.0

    うん、一目惚れ、信じていいよね♪

    太った姿になりたくないから妊娠したくなかったけど、イタリア人の夫に懇願され、ついに妊娠したが・・・浮気され、身重ながら離婚を考える女。 長年のパートナーと別れたいが言い出せず、子供ができないので養子を引き取ったが、その直後にパートナーを事故で失ってしまったキッチン屋の男。 この2人&周りの人々を描いたラブ・コメディ。 といっても、常に軽いノリな訳ではなく、男が海辺で亡くなったパートナーの留守電に言えなかった気持ちをぶつけるシーンは、せつなすぎる。。 特別に会話がオシャレな訳でも、展開が派手な訳でもないんだけど、全体としてなんだか温かい気持ちにさせられる。 うん、一目惚れ、信じていいよね♪ そして、ニューカッスルに行ってみたくなりました☆

  • non********

    3.0

    ネタバレアクチュアリー・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • js_********

    4.0

    ネタバレ最初、なんだこりゃ...と思ったんですが

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ラブ・ファクトリー

原題
THE ONE AND ONLY

上映時間

製作国
イギリス/フランス

製作年度

公開日
-