レビュー一覧に戻る
デビルズ・バックボーン
2004年8月28日公開

デビルズ・バックボーン

EL ESPINAZO DEL DIABLO/THE DEVIL'S BACKBONE

1062004年8月28日公開

クラウディア

4.0

ホラーの姿を借りたドラマティックな物語

予告と邦題の悪さにしばらく見ませんでしたが、 ギレルモ・デル・トロ監督ファンなら見るべき作品でした。 この映画のキャッチコピーとか考えてる配給会社は 作品を見てるんでしょうか。ずいぶん違う客層を呼んで 勝手にがっかりされてますよ。 広告、的外れすぎです。 「永遠のこどもたち」「パンズ・ラビリンス」などの原型。 哀しい祝福というラストも健在。 ハッピーエンドなのか、それとも悲劇なのかわからない 独特の味がたまりません。 陰惨なテーマで、残酷な絵を描いているのに後味は悪くない。 テーマは「幽霊とはなんぞや?」 それは、思いである。 メッセージを伝えるが、具体的には無力である。 物語の筋はメロドラマ。人間ドラマです。 ホラーという形を借りて、自由にそれを 描き出すのが特徴の監督だと思っています。 1920年代という独特の空気が生かされていますが、 象徴的だった庭の不発弾は、もっと重要な 役回りをするのかと思っていたら、モニュメントなのですね。 映像が美しい。メイキングをみると 何枚ものレイヤーを重ねて!重ねて!あの水の質感、常に 血を流し続ける少年のビジュアルが生まれた過程の一端がわかります。 ハチント役のエドゥアルド・ノリエガは 悪役らしい悪役であるにもかかわらず、非常にユニーク。 もっと彼の内面や葛藤や過去に描写を割いたら より物語が深くなったのに、感情移入はできなかった。 この役のためにずいぶん身体を鍛え上げて 「腐った心と対比的に完璧な容姿」を目指したそうです。 カルメン役のマリサ・パレデスには、監督の言うとおり 常に瞳に感情がある。美貌と情熱。 個人的には最も好きなキャラクターでした。 カザレス(フェデリコ・ルッピ)は不能者。 現実においても、ついにすべてにおいて半端で終わってしまう 「心残り」の象徴のようなキャラです。 そして、子供たちはどの子も素晴らしく上手い! 本当に上手い!そしてかわいそうだ! 子供と、子供を引きずる元子供を描かせたら天下一品。 邦題だけでなく予告も、日本のはひどいですので (予告の良さは、スペイン>アメリカ>>>>>>>>>>日本) 意外に一部にしか見られていない作品かもしれませんが、 監督のダークで切ないイメージを愛する人には ぜひ見てもらいたい作品です。

閲覧数574