レビュー一覧に戻る
炎のジプシー・ブラス 地図にない村から

ese********

5.0

俺ら渋谷さ行ぐだ

♪は~ 地図にも無エ 駅も無エ 人口たったの400人 俺らこんな村いやだ~ 俺らこんな村いやだ~ なんて事は言ってないと思うが そんなルーマニアの 地図にない村からやってきたブラスバンド ファンファーレ・チォカリーア 一人のドイツ人に見い出されて 彼等の音楽が世界中へ浸透していく過程を追った 音楽ドキュメンタリーである 冒頭で一人の少年が湖で拾ったホルン その使えそうにない壊れたホルンの再生を バンドの成長とリンクさせているあたり なかなか見応えあり 各国々でのライブを軸に 普段の暮らしぶりや 練習風景レコーディング風景も 織り交ぜています 練習といってもスタジオなんかありません 小屋に所狭しに並んで練習します 同じ様な彫りをしただるまさんが ひしめきあってるようでなんともかわいい 普段は地元で冠婚葬祭の時に演奏する彼等 そんな彼等にとって 与えられたステージで 自分達を見に来たお客さんを前に 演奏する事は特異なのかもしれない 渋谷ハチ公でのゲリラライブは 普段のスタイルで演奏をしただけ ポリスメンに止められた事は カルチャーショックであっただろう 人口400人の地図にない村からやってきたバンド ファンファーレ・チォカリーア ライブをやるごとにツアーをやるごに バンドは成長し世界中へと浸透していく 先月、私は幸運にも 彼等のライブに行く事ができました 成長の過程をジプシーの風を体感できた 最高のライブとなりました ツアーを終え地元に帰ってきた彼等は とても満足そうでした 直ったホルンを手にした少年が とても満足そうだったように

閲覧数187