2004年7月24日公開

マッハ!

ONG BAK/ONG BAK: MUAY THAI WARRIOR

1082004年7月24日公開
マッハ!
4.0

/ 261

38%
35%
21%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

タイの敬虔な仏教徒の村から、信仰の象徴である仏像”オンバク”の首が盗まれた。悲嘆にくれる村人達を見て、「オンバクを取り戻してみせる!」と一人のムエタイの奥義を極めた男(トニー・ジャー)が立ち上がる……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(127件)

かっこいい30.5%勇敢21.4%楽しい12.5%コミカル6.1%スペクタクル5.4%

  • hik********

    3.0

    タイの最終兵器アクション映画!!!!!!!!

    まず、この豪快なタイトルが素晴らしいですね(笑)。 世界中に衝撃を与えたアクションシーンは確かに必見中の必見。 実に俊敏で、躍動的なトニー・ジャーのアクションには思わず口をあんぐりします。 アクションのみで評価すれば、文句のつけようがないのですが、 勿体無いことにストーリーが酷すぎた。

  • kus********

    4.0

    トニー・ジャーを活かせ!

    タイの映画などを観れることはなかなかない。ムエタイも良いがせっかくならタイと言う国がどんなものなのか伝えるような作品が見たかった… と、言いつつこの映画がタイの現状を表しているものだ、とか言われたりしたら驚くけど(笑) もっとタイの生活とか文化とかどんなモノなのかとかね…わかると良かった… それはさておき、アクションは凄く頑張ってて良かったと思います。ジャッキーリスペクトが凄く出てるけど。 トニー・ジャーのようなアクションスターは流石に滅多に出てくるものではないので…よい作品、良い監督、良いスタッフで彼を活かせる大きな作品に出て欲しい、作って欲しいと思います!

  • scc********

    5.0

    サイコー

    ジャッキーを超えるアクション。 身体能力ハンパない。

  • 一人旅

    4.0

    粗削りムエタイ無双ムービー

    プラッチャヤー・ピンゲーオ監督作。 盗まれた仏像を取り戻すべく闘いを繰り広げる青年の活躍を描いたアクション。 現在までに3作品製作されている「マッハ!」シリーズの第1弾で、バンコクを舞台に、悪党一味に盗まれた村の大切な仏像を取り戻すべく闘いに身を投じていく純朴な青年の活躍を描いています。 ワイヤーアクションやCGといった誤魔化しを排除した本物アクションが大ヒットの要因となったタイ産アクション映画で、ムエタイの使い手である主人公の青年が魅せる数々の超絶怒涛アクションに痺れる快作に仕上がっています。アクションに注力した粗削りな作風ではありますが、ジャッキー・チェンを彷彿とさせる超絶スタントや切れ味抜群のムエタイ格闘、スピード感溢れるパルクール…と多彩な本格アクションがてんこ盛りとなっています。また、トゥクトゥクvsトゥクトゥクの公道チェイスや観光客に人気のカオサン通り、信心深い仏教徒の村人の姿にはタイ色が良く出ています。 本作で出世したタイのアクションスター:トニー・ジャーの驚異的な身体能力&ムエタイ無双&筋肉美が全編を貫いていて、同じアクションシーンを角度を変えて複数回見せてくれる大判振る舞いな演出が嬉しい特典となっています。

  • エル・オレンス

    5.0

    一発でトニー・ジャーのファンになれる!

    タイ発のカンフー・アクション。 劇中のあのアクションや演出の数々は、全てノーCG、ノースタントとは恐ろし過ぎ!ちょっと外せば命を落としかねない演出ばかりw 全体を通してジャッキー映画のオマージュや影響が随所に見られるのもGOOD。改めて彼の存在はカンフー映画史において絶大ですね! 当時27歳の若き青年トニー・ジャーは、雄っぷりを全身でさらけ出すようなアクションがもう格好良過ぎて、終始興奮が止まりませんでした!10歳の頃からカンフーとスタント術を学んでいるそうですが、何という怖いもの知らずなのでしょう!!顔も掘り深く、男前! とにかく本作を観終わったら、自分のように、いつの間にかトニーの虜になっちゃうこと間違いなし! THE DEVIL'S PATH年に『ワイルド・スピード SKY MISSION』で見事にハリウッド進出を果たしましたが、まだまだ若いし、ますます飛躍してくれるのを願います!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
マッハ!

原題
ONG BAK/ONG BAK: MUAY THAI WARRIOR

上映時間

製作国
タイ

製作年度

公開日