ここから本文です

フォッグ・オブ・ウォー マクナマラ元米国防長官の告白 (2003)

THE FOG OF WAR: ELEVEN LESSONS FROM THE LIFE OF ROBERT S. MCNAMARA

監督
エロール・モリス
  • みたいムービー 20
  • みたログ 97

3.43 / 評価:23件

解説

元米国国防長官だったマクナマラが、20世紀にアメリカが関係した戦争についての真実を語りアカデミー賞、長編ドキュメンタリー賞を受賞した問題作。戦争に深くかかわっていたマクナマラが当時のアメリカを語ることにより、現在のアメリカが抱える病巣を浮き彫りにする。自らの罪を認めたマクナマラの未来に託す教訓には要注目。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

フォード自動車の社長、世界銀行総裁、そしてアメリカ国防長官と輝かしい経歴を持つマクナマラは85歳になり、自分の人生が戦争とともにあったことを思い返していた。そして、そこで得た11の教訓を語り始めた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ