中国超人インフラマン

中國超人/THE SUPER INFRAMAN

84
中国超人インフラマン
2.4

/ 5

0%
20%
20%
40%
20%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • ZZZ

    4.0

    懐かしき昭和の特撮ヒーローもの

    原題は「中国超人」。英題が「スーパー・インフラマン」というタイトルらしい。従って、邦題は同じ意味の名称を続けた様なものの様。 作品としては、タイトル通りの特撮ヒーローもの。ストーリー、映像も同様。 悪く言えば、日本の、それも昭和の特撮ヒーローもののパクリ。 ただ、日本人スタッフも参加している様なので、一概にそうとも言えない。 その為か、意外にも良くできている(悪まで、昭和特撮ものと比較して)。 昭和特撮ものの王道的なストーリー展開(つっこみどころを含めて)。着ぐるみもギミックは今一ながらもまずまず(?)。懐かしい合成(加工)映像。などなど。昭和特撮好きは結構嵌る様な気がする。 インフラマンも当時の日本の特撮ヒーロー(メジャーものもマイナーものも含めて)の集合体の様な感じ(特殊能力なども含めて)。 思いの外、出来の良い(というか可笑しい)作品だった。 又、地球征服を目論む悪者が何故か中国(香港?)のある施設等に拘る。こういう映像を見ていると、外国の方たちが日本の特撮ヒーローに対し、同じ様な気持ちを抱いている事だろうと想像できる。自分が創った訳ではないが、ちょっと、恥ずかしい。。。

  • mal********

    2.0

    やたらと多い戦闘員が笑えます。

    1975年の香港映画です。日本では数年前にDVD発売されましたが劇場未公開作品です。 主人公の”インフラマン”のボディスーツというか衣装を日本の特撮映画会社が提供したという意味では、日本と香港の合作映画ともいえますし、実際ストーリー展開はまさに私の年代が慣れ親しんだ特撮ヒーローものであります。30分放送枠だからこそ、まとまりがあったと思うんですが、本作は90分弱の上映時間とはいえかなりの”なるようになるだろう感”が映画のまとまりを無くしています。 何かの拍子によみがえった氷河魔族とその女首領エリジバブが、まずというか何故というか幼稚園の送迎バスを襲い、そのまま人類に宣戦布告!防衛軍は隊員のレイをストレートなヅラ頭のソウ博士ひとりでインフラマンに改造し、氷河魔族と戦うのであった!というのがストーリーです。 この直訳すれば社会資本マンことインフラマンの変身ポーズとバックに流れるやたら勇ましいテーマ曲と、敵対する氷河魔族のいかにも?俺達は悪い奴らだぜ?然とした怪人の造形と、これまたいかにも?悪い奴ですが、それが何か??みたいなダミ声は面白いです。 が、半径100メートル範囲内で起きてるような世界的危機と、そこで行われるインフラマンと氷河魔族のカンフーを主体にした戦いは、別に超人設定でなくても良かったのではと思わされます。 また、インフラマン唯一そして最大ののピンチでも?そんな時はあれを使えばいいのだ?とソウ博士が唐突にアドバイスする回想シーンで状況を打破するのですが、博士がそんなアドバイスしていたシーンは本編には存在せずといういい加減さ。 男性特撮映画ファンなら氷河王女と女性幹部のコスチュームがいやらしいので、楽しめるかとは思いますが、それじゃ他の人に?面白いから、観た方がいいよ?っておススメ出来るかって聞かれると、返答に困る私でありました。

  • cap********

    2.0

    ネタバレ何でもアリ!本場カンフー使いの中国超人!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中