ここから本文です

THE JUON/呪怨 (2004)

THE GRUDGE

監督
清水崇
  • みたいムービー 16
  • みたログ 830

2.72 / 評価:177件

解説

『呪怨』の清水崇監督が自らメガフォンをとり、ハリウッド・リメイクした作品。“和の空間での恐怖”をコンセプトにした清水監督の希望により、撮影は日本で行われ、伽椰子・俊雄役もオリジナル版と同じ藤貴子と尾関優哉が演じている。恐怖を目の当たりにするヒロイン・カレン役を「バフィ~恋する十字架~」のサラ・ミシェル・ゲラーの片言の日本語を話しながら挑む熱演は要チェック。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

東京の国際大学に通うカレン(サラ・ミシェル・ゲラー)は、授業の一環の訪問介護でエマ(グレイス・ザブリスキー)という女性を訪ねる。そこでカレンは、放心状態のエマに出会う。その時、2階から不気味な物音が……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ