ここから本文です

ピエロの赤い鼻 (2003)

EFFROYABLES JARDINS

監督
ジャン・ベッケル
  • みたいムービー 264
  • みたログ 508

4.32 / 評価:133件

解説

ミシェル・カンの世界的ベストセラー小説を『クリクリのいた夏』の名匠ジャン・ベッケルが映画化した珠玉のヒューマン・ドラマ。ピエロの格好をして人々を楽しませることを常とする教師の辛く、切ない戦争体験が徐々に明らかになっていく。主演は『クリクリのいた夏』に引き続いてのベッケル作品出演となるジャック・ヴィユレとアンドレ・デュソリエ。戦争というシリアスな題材をユーモアでくるんだ温かなタッチに心が和む。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

小学校教師のジャック(ジャック・ヴィユレ)は、毎週日曜になるとピエロの格好で公民館の舞台に立ち、人々を笑わせていた。息子のリュシアン(ダミアン・ジュイユロ)はそんな父親を嫌がるが、ジャックがピエロを演じるのには深いわけがあった。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ