ここから本文です

イズ・エー (2003)

[is A.]

監督
藤原健一
  • みたいムービー 18
  • みたログ 218

2.69 / 評価:55件

絶望

  • 奈良娘 さん
  • 2008年2月2日 23時19分
  • 閲覧数 595
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

大人から見た「少年」は、こういう存在なのでしょうか。
小栗旬演じる少年は、終始のっぺらぼうでした。
感情がない。
まるで「怪物」のようで怖かった。
この作品は、年齢によって観る視点が違うと思います。
少年の視点で観る側。
親の視点で観る側。
私は、その中間地点側なので少年側と親側をウロウロ
してしまい非常に疲れました。
最後、内藤剛志演じる父親が少年と向き合う場面は強烈でした。
親は、子供とどう向かい合うべきか・・・・とても考えさせられました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ