ここから本文です

IZO (2004)

監督
三池崇史
  • みたいムービー 41
  • みたログ 236

2.30 / 評価:87件

解説

幕末の悪名高い人斬りが怨念と化し、時空や次元を超え大殺戮を下すバイオレンスアクション。『新・仁義の墓場』や『烈火』を始め、アウトロー映画を次々と作りだす三池崇史監督と武知鎮典がタッグを組む。人斬り以蔵を取り巻く人々にビートたけしや岡田眞澄、松方弘樹、緒形拳ほか豪華キャストが総出演。現実と超現実が混沌化した三池ワールドがさく裂する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

幕末に処刑された悪名高い人斬り・岡田以蔵(中山一也)の魂は、現代の東京の片隅で生きるホームレスに宿る。怨念となった彼の魂が宿る肉体は究極の殺人マシーンIZOへと生まれ変わり、次元・時空を超えた大殺戮を始める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ