レビュー一覧に戻る
オペラ座の怪人
2005年1月29日公開

オペラ座の怪人

THE PHANTOM OF THE OPERA

1402005年1月29日公開

kay********

3.0

歌唱力が残念

セットや衣装などの美術は本当に素晴らしい。 舞台版でもそうだが、映画版でも画面中の明暗、特に暗さが良い感じで、時代感を醸し出すのに成功している。 俳優陣はそれぞれ美しく品があり、ロイドウェバーの名曲と相まって、全体的に趣のある仕上がりになっている。 個人的には演出面でカメラワークに時々疲れたが、これは好みもあるのだろうな。 また実写版なだけに、ファントムの性格付けは神秘性よりも人間性を強調しているようで、原作や舞台版のファンは多少の違和感を感じるかもしれない。 例えそれらを差し引いても、一見の価値は十分ある。 それだけに、主役のファントムの歌唱力が残念。 明らかな音程外しはないものの、大事な所で息が切れるのが何度も続いて興醒め。 ソロの部分では…深みが無く物足りなさMAX。 そもそもの発声が向いていないでしょ。 ファントムは音楽の天使のはずなのに… 折角のロイドウェバーの名曲が… これはミュージカル映画にあってはならないのでは?という疑問満載。 …という事で、その他の面では名作だと思うものの、減点2で星3つ。

閲覧数2,950