2004年9月11日公開

東京伝説 蠢く街の狂気

782004年9月11日公開
東京伝説 蠢く街の狂気
1.3

/ 8

0%
0%
13%
0%
88%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

都内でデザイン事務所を開いている大沢裕美子(国分佐智子)の周囲には些細だが不可解な出来事が多発していた。そんなある日、差出人不明の手紙が届き、“おまえはおれとけっこんする”という文面の紙切れが入ってた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(3件)

絶望的100.0%

  • 自称映画監督安藤隆夫

    1.0

    ヘタクソ

    どうでもいい画面多すぎ。映画制作としてヘタクソ。

  • cyborg_she_loves

    1.0

    国分佐智子さんすてき

     30秒ぐらいにすればもっと効果的な場面を5分ぐらいに引き伸ばす明らかな時間稼ぎ。3分の1あたりまでくれば結末が全部「みえみえ」の、緊迫感・期待感ゼロのストーリー展開。全然怖くない映像。  映画としてみれば、最低最悪のホラー映画のひとつです。  「東京伝説」シリーズ、ってことになってますけど、監督もコンセプトもまったく別物です。これ以外の2編が多少なりとも持っている美点は、ここには影も形もありません、何もかも駄目にする及川監督の真骨頂ここにあり、です。これから見る皆さんはご注意。  ただ私、失礼ながらそれまでまったく注目して見たことのなかった、国分佐智子さんという女優さんが、こんなきれいで魅力的な女優さんだと、これ見て初めて気づきました。どアップの頻度が他の映画に比べてダントツに多い分、国分さんの魅力をたっぷり味わわせてもらえた。そういう意味で、☆1つから☆2つに昇格。

  • bmb********

    1.0

    まいった

    まったくもって、つまんないっす。 原作者のネームバリューのみに惹かれて、過度の期待もなくレンタルしましたが、予想(というか覚悟)以上の退屈さでした。 もっさり。だらだら。緊張感ゼロ。ありがち。稚雑。 形容するとこんなかんじ。 観賞に費やした時間と、レンタル店までの往復時間、レンタルする作品チョイスに迷った時間すべて返して欲しいっす。 こんな作品が横行してるから、「やっぱ邦画サスペンスホラーは遠慮しとこうかな…」と躊躇する原因となり、結果優れた邦画サスペンスホラーをも“観ず嫌い”化してしまう。 出演した役者さんたちの評価が下がってないことを切に願います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


国分佐智子大沢裕美子
谷口賢志小宮修
千原靖史片岡圭介
林侑香中原ミカ

基本情報


タイトル
東京伝説 蠢く街の狂気

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日