ここから本文です

沈黙の聖戦 (2003)

BELLY OF THE BEAST

監督
チン・シウトン
  • みたいムービー 5
  • みたログ 329

2.69 / 評価:75件

セガールアクション+香港銃撃スタイル

  • ジャンゴ さん
  • 2010年3月21日 20時33分
  • 閲覧数 797
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

誘拐された娘を救出する物語で、全編タイロケ、セガール以外東洋人、監督が香港のチン・シワトンという異色篇です。映画の出来はともかく、迫力のセガールアクション+香港銃撃スタイルがお気に入りです。
*セガールアクション
・拳銃を向けられたとき、相手の手首をねじり、拳銃を素早く奪う。
・両手でボンと相手を押すと5mくらい吹っ飛ぶ。(吹っ飛びすぎで、ワイヤー使ってる こと見え見えです)
・キックや回し蹴りを使った蹴り技(これも相手が吹っ飛び過ぎです)
・相手の腕をねじり、ポキっと骨を折る。
*香港銃撃スタイル
・敵も味方もとにかく撃ちまくる、多数の薬きょうがスローモーションで地面に落ちる、 無数の銃弾が飛び交い壁は穴だらけ。
・空中に舞ながら撃ちまくり、3人の敵に3,4発ずつ銃弾をぶち込み地面に着地する、 スローモーションで噴き出す血、倒れる敵。
・トロッコに乗って移動しながら、撃ちまくりスローモーションでバタバタ倒れる敵。

1993年の映画なので今から7年前ですか、この頃のセガールは手技だけでなく蹴りもふんだんに使っています。今では、下半身の動きがなくなってしまいました。吹っ飛ぶ敵の距離が4,5mもあり、かえって力強さ、リアルさに欠けて見えました。銃撃は香港スタイルというかジョン・ウースタイルです。やたら撃ちまくり、空中を舞ったり、すべりながら必要以上の銃弾をぶち込みます。スローモーションが迫力を増しています。私、こうゆうの大好きなんです!最近のアクションには見られなくなったパンチとメリハリの効いたアクションの連打です。
セガールさん、やっぱり太っていてお相撲さんのお腹でした。DVDの表紙には2丁拳銃ぶっ飛ばすセガールが写ってますが、探したんですが拳銃は1丁でした。
このオヤジ最強!!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • パニック
  • 不気味
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ