2004年12月18日公開

恍惚

NATHALIE...

1052004年12月18日公開
恍惚
3.1

/ 39

8%
21%
49%
15%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

夫のベルナール(ジェラール・ドパルデュー)に浮気された主婦カトリーヌ(ファニー・アルダン)は、夫の性癖を知るため、娼婦のマルレーヌ(エマニュエル・ベアール)を雇って情事の一部始終を報告させようとする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(19件)

セクシー27.1%切ない16.7%ゴージャス10.4%知的10.4%悲しい8.3%

  • mem********

    4.0

    ネタバレ妻と夫と愛人の3人のバランスが重要

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hir********

    3.0

    想像力とは

    女の口から語られる、官能的な言葉達。ドキドキしました。 ただし語る人が私にはイマイチしっくり来ず…。 なんかスレてギスギスした女の人。 奥様は魅力的。よっぽど色っぽい。何故この奥様にこの男なんだ。いい男なのか?う〜む。。 いやしかし結末は好きでした。こうなると良いな、という結末。 ただ浮気はやめて頂きたいね。それがあるから、なんとなく素直に喜べない。 そしてやはり、少しミステリアスな方が男の人は好きなのだなあ、と。世の常。

  • 生田

    5.0

    ネタバレ震えるほど濃厚で繊細な官能美

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 4.0

    言葉は時に映像よりもエロティック

    夫は浮気相手と何をしているの?どんな風に?そう思った妻は、娼婦に依頼し、彼を惑わせ、その一部始終を報告させる。あてつけに浮気をしたり、シラを切る夫に腹を立てたりするが、果たして、、、、、っていうお話。 フランス映画にしては(?)かなり分かりすい内容だと思います。でも、イタいので、分かりたくはないって感じですが。 ☆ファニー・アルダン・・・大柄で顔の面積も広いです(シツレイ)。婦人科(?)のお医者様なのか、患者を診るシーンもあります。不自由の無い生活のようだけれど、笑顔は無く寂しそうな感じがします。私より10歳も上?うそ~ん。。 ☆エマニュエル・ベアール・・・エロいです。こちらも笑顔無しですが、友人と一緒の時に一瞬だけ笑っています。その顔は、可愛いと思います。清楚な学生には見えませんが、娼婦にも見えません。細いタバコがお似合いです。。当時38歳?うそ~ん。。 ☆ジェラール・ドバルデュー・・・普通のおっちゃんにしか見えませんが、、、カッコイイのか?はてな??? 浮気はしたけど 成り行きだから 何回か(も?)したけど 君が大事だから 言い訳にもならない戯言でも 妻は安心するのだろうか? 夫がどこかへ飛ぼうとしたら、妻は引き止めたくなるのだろうか? 他のオンナと楽しそうなら、やっぱり気分が悪いのだろうか? 触れ合いも会話も無い仮面夫婦でも、未練がましくなるのだろうか? おサラバしたいと願っていても、名残惜しく感じるのだろうか? この妻の気持ちが分からない、と思った女性=アナタは幸せです。でも、どこかで嘘をついていませんか? この妻の気持ちが分からないと思った男性=バレないうちに、お止めなさい。オ ンナは怖いですよ。 かなりキワドイ内容ですが、そのものズバリ!の映像は、全く出てきません。じゃぁ、どこがエロいのか、、、、ご自分の目でお確かめ下さい。。 「クロエ」・・・「恍惚」のリメイクなんですか?全く違うモノなのでしょうか?気になっています。。

  • oce********

    3.0

    妖しく迫る

    アメリカでリメイクされた「クロエ」がまったく面白くなかったのは、このオリジナルを見てはっきりと理解できた。 リメイク版は官能の意味をはき違えていたことに。 筋立てはほとんど同じだが、肉体的な接触がまったくのゼロなのに言葉の端々にやたらとエロスを感じる描写が。 ヨーロッパだからこそ出せる雰囲気というのがこの映画の中にしっかりとある。 キャストも粒ぞろいでキーポイントになるエマニュエル・ベアールの妖しさ。 それに同調していくファニー・アルダンなども非常に上手い。 結果としてリメイク版は見る必要なしの作品であった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
恍惚

原題
NATHALIE...

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日