ここから本文です

感染 (2004)

監督
落合正幸
  • みたいムービー 28
  • みたログ 820

2.89 / 評価:187件

映画をみて分からなかった人読んで!

  • him***** さん
  • 2019年2月20日 0時54分
  • 閲覧数 1536
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

キャストはメインも脇役も知ってる人、見たことある人で豪華キャスト。
前半から後半まで引き込まれました。

ですが、、
どうなるの!とドキドキ結末を待ちましたが、謎解明シーンがなく、憶測するも一つ一つ辻褄が合わなくなるので、謎のまま終わりました。
タイトルの感染があったのか、ないのかすら謎。
感染はないとして、佐藤浩市が犯人だと思えば、縫合の練習をしてた人の手が血で濡れており、先生の腹が同じ縫合だったので、同時期に2人の無意識の殺人鬼が存在しちゃうという無茶設定になる。
さらに朝出勤しにきた先生が赤を緑に見始めるので、やっぱ感染?となり辻褄が合わなくなる。
佐藤浩市が最後ロッカーにいるのも謎。
なのでとりあえずこの映画の感染とは、疲れ果てていた医師や看護師が1人の患者さんを医療ミスで死なせてしまったことにより、ギリギリだった精神崩壊。ありもしない恐怖が恐怖を呼び、一人一人自滅していったんではないかとおもいます。意識に感染とはそう言うことかなと。
個人的には、
最後の朝出勤の先生が赤を緑に見え始めるシーンも、ひたすら縫合するだけの人も、ロッカーの先生のシーンもいらない!
血を緑に見始めた佐藤浩市が俺がやったのかぁあと思い出して、その本当のシーンが走馬灯のように再生されるみたいな単純に終わってくれた方がすっきりしたんではないかと思った。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ