レビュー一覧に戻る
ダーク・ウォーター
2005年11月12日公開

ダーク・ウォーター

DARK WATER

1052005年11月12日公開

のり

3.0

ミステリー風のヒューマンドラマ

Jホラーの代表格である「仄暗い水の底から」のハリウッドリメイク版。 オリジナルは観た事あったと思うが正直、記憶に残っていないw 黒木瞳、天井のシミ、髪の毛くらいしかキーワードで思い出せない。 なので原作との比較は出来ないが、大体オリジナルに沿っているような気がする。 ハリウッドリメイク版と言うことでJホラーの陰湿さはあまり無く、 恐怖描写も殆ど無い。 どちらかと言うとホラーよりも、 ミステリー風の母娘の親子愛を描いたドラマ性が強い。 永遠のこどもたちと似た方向性。 そう言った意味から、リメイク云々よりもキチンと単独で観られる作品。 ストーリーや設定はしっかりしており、 リメイクだからと言った弊害なく、安心感のある流れ。 特に舞台となるNY郊外の雨が降りしきり街並みは、 どんよりと暗い雰囲気を醸し出してくれている。 内容もどんよりとした印象で、どこか陰りのある暗く沈んだ話。 子供が見えない友達と会話をしたり、天井のシミを数えたりw どこか孤独感を感じつつも、母娘の絆を確かめ合う。 感動とまではいかないが、それなりに頷けるだろう。 ただどうも華が無いと言うか、もう一捻り欲しいと感じてしまう。 ストーリーには入り込めるも観終わった後の満足感が無く、 「あぁ~なるほどね。」だけで終わってしまう。 つまらなくは無いが、面白くも無い。そんな感じだ。 Jホラーのハリウッドリメイク版としては弊害無く、 ストーリーや設定に安心感があるので、 オリジナルを知っている・知らない問わず、 ひとつの作品として観る事が出来る。 恐怖感は薄く、ホラーと言うよりも ミステリー風のヒューマンドラマに近い。 それなりに雰囲気も良く、内容も頷けるが、 起伏に浅く、コレと言った面白味に欠ける。 例えるならお茶漬けなので、 お腹が空いていたら満腹感は得難いだろう。 ガッツリいきたいならば永遠のこどもたちをお勧めしたい。

閲覧数332