2005年2月26日公開

プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング

THE PRINCESS DIARIES 2: ROYAL ENGAGEMENT

1132005年2月26日公開
プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング
3.3

/ 326

13%
30%
41%
11%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(54件)


  • ちゃやぴ

    3.0

    20/12/1

    UNEXT消化 チャのみルーチェ

  • yam********

    1.0

    アンハサウェイ可愛い!

    アンが可愛い!綺麗! 宮殿に置いてある小物も素敵でした。 ただ、ストーリーはかなりの駄作です。 ミアがアホ過ぎて前作にも増してイライラしました。

  • lad********

    1.0

    ネタバレ苦手な話だった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • twi********

    4.0

    良かった

    1より2が良い。 夢追い感ありだけど、こんなのに感動するのも良いのかも。 プリンセスがお顔が小さく綺麗。 プリンスはこれが映画デビューみたい。 クイーンは歌がほんとにすごい。 これだけ見るだけでも良いかも。

  • bat********

    3.0

    前作に比べると・・・

    前作に引き続き主要キャストは健在でした。 内容はプリンセスの結婚相手とラブストーリーでした。前作に比べると間延びする感じがありトーンダウンの印象でした。

  • mth********

    1.0

    品のないプリンセス、アホみたいな内容

    ミアがプリンセスになれるなら大抵の人がプリンセスになれそうだと思った。 1作目でも思ったことだがコメディ仕立ての場面やセリフがどれも寒い。何というか、寒気がするほどダサい・・・これは見てて辛かった。 ストーリーはアホみたいな単純さと悪ノリで、若干イライラした。 あとミアは綺麗な時と「オバケそのもの」みたいな顔に見える時があって不思議な顔してるなあと。 ミアと王位継承権を争う青年ニコラスは、なかなか良い配役だと思う。

  • akc********

    3.0

    続編

    あれマイケルは?とか、その法律めちゃくちゃじゃない?とかアンドリューのほうが良くない?(^_^;)とか思いますが、やっぱりアンは可愛くて、面白い。ジュリーアンドリュースの歌もこどもたちとの話もメイドたちもよかったです。

  • poo********

    3.0

    ディズニーの物語

    これがほんとの話だったら、こんな女王追放すべきってか、結婚の法律変える前に、このご時世王政って時点であり得ないって思うけど、そこはディズニーの物語やからとおもって目をつぶりました。 ジュリーアンドリュースは相変わらず素敵。 孤児院の女の子見た事ある!って思ったら、やっぱりちょくちょく観てる子でした。

  • niu********

    5.0

    ネタバレ安心して見られるストーリー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sio********

    1.0

    ネタバレイライラしませんか?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • uso********

    4.0

    ジュリー・アンドリュース!!!

    劇中、彼女が披露する「Your Crowning Glory」は最高です。 女王が恵まれない子供たちを別荘に招待し、パジャマパーティを開催するという、ちょっとありえないようなシチュエーションで、最初は嫌々ながら、見事な歌を披露してくれます。軽く流して聞いていたものの、「このおばあちゃん、妙に上手いな。何か聞いたことのある歌声だな。」と、思っているうちに冷静に考えたら、「この人ジュリー・アンドリュースじゃん!」と気付き、大興奮して聴き惚れてしまいました。 続編にがっかりしたという意見も多いようですが、私はパート2の方が映画としての満足度は高いと思います。 確かに、ダサダサの高校生がプリンセスに変身するという要素は失われたものの、その分、王室の恋愛事情に的を絞ってストーリーを展開しやすく、もともと影の薄かった男の子マイケルも出さなくて正解だと思いました。 クリス・パインは売れっ子になって、ギトギトのエネルギッシュな役が板についてきましたが、こんなさわやかな王子様キャラが似合うルックスだったんですね。 これを見て彼のファンになった人は、むしろ最近の野性味あるクリスにがっかりしていたりして。 アン・ハサウェイは顔が派手で手足も長いので、やっぱりコメディやミュージカル調の映画に抜群の順応性がありますね。ジュリア・ロバーツをそのまま若くした感じに見えるんです。監督も「プリティ・ウーマン」路線を狙っていたのでは? でもダサダサの女の子がキレイに変身するというコンセプトはもっと落差を出したほうが効果的なのに、アンは初めからそこそこ綺麗なんです。 女の子の変身願望を実現すると言えば、この後「プラダ…」で大成功を収めることになるのでどうしても見る人はそこに期待してしまうんでしょうか。 でも、今作ではラブ・ストーリーに重点を置いて展開したのが良かったと思います。 私は、「1より2派」です。続篇の方が楽しめました。

  • yat********

    4.0

    ネタバレ 単なるお姫様じゃない一国の主として

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • wrs********

    3.0

    「ミア」が国民のためにできること

    前作で突然告げられた衝撃の一言 「実は父親はジェノヴィアという国の皇太子なの」 15歳の普通の女子高生として生活していた「ミア」に訪れた衝撃の真実から5年後・・・ 女王になるには‘30日以内’に結婚しなければいけないということになり、「ミア」は結婚相手を探すことになるのだが・・・ どうやらジェノヴィア国には「女性が王位に就くには結婚しなければならない」という法律があるらしく、その法律ににつけこんだ「デヴロー卿」が息子「ニコラス」に王位の座を渡そうと企んでいたのだった! 前作とは違い最初っから「プリンセス・ミア」での登場になるので、ダサダサな女性から綺麗で気品のある女性への変身という要素は無いです。 30日以内で結婚を決めなければならないということで 「愛してもいない相手と結婚するのか?」 「それとも・・・?」 なので「プリンセス・ミア」はいったいどうするのか、が見所かな。 物語は全体的に「ニコラス」が主要人物になっているため、観ているとだんだん「あ~なるほどニコラスね~」なんて思ってしまうわけだがこの作品では恋愛要素がちょっぴり曖昧な感じになっているように思う。 観る者にはそう思わせておいて3作目への保険として布石を残すような終わり方だったので、最後の最後でな~んか中途半端に感じてしまった。 とはいえそんな中途半端さを補うかのような「アン・ハサウェイ」のお転婆プリンセスっぷりは観ているだけで楽しくて爽快♪ 綺麗でドジっぷりがこんなに似合う女優もなかなかいない、気取らない雰囲気も好感が持てるので思わず目を釘付けにされましたよ。 脇役達も前作に引き続き登場するので、この映画を観る時は前作を観てからにしたほうが絶対いいと思います。 でも観方によっては1作目で完結させてもいい、なんせ1作目のほうはある程度完結しているからね。 最近は何でもかんでも3作目まで作ろうという傾向があるが・・・まさかね(´・ω・`)ネェ 「ミア」の愛猫「ルーイ」も引き続き登場♪ 物語には一切絡んでこないけど、時々見切れるように登場するフリーダムっぷりには安らぎの効果さえあるように感じたよ♪ チョイ役で「アビゲイル・ブレスリン」が出演しているのも面白い♪ 肝心のメタボってる‘お腹’は・・・・・メ、メタボっていない!? 出番は少ないけど痩せてて可愛かったです(●´ω`●)ゞ ただ、‘恋愛映画’として観るのは間違っていたようだ。 そこを期待して観ていたシロクマはちょっぴり肩透かしを食らいましたが、「ミアが女王になる」ってのが最終目的としてあるため妥当な展開とも言えますね。 もし3作目があるなら「ミア」にはぶっ飛んだ恋愛模様を見せて欲しいなって思う! o(`・д・´)ノ<思うでぇ~!! だってこれじゃあ・・・・・ねぇ~(´うω;`)

  • pir********

    2.0

    内面がプリティじゃなくなってる件

    うううう~む…なんだか1に比べ全然主人公を応援できなかった。1の「ダサかわいい天然ドジっ子」が、すっかり「美人だけど自己中なトラブルメーカー」になってしまっていた…。奥手な彼女はどこへやら…いつの間にチャラ男に向かってシャレた返しができるようになったんだ!オタクっぽいカップルかわいかったのになあ。1でいい味出してた親友も、別にわざわざ出なくてよかったろって感じの存在感ですごく残念。 アン・ハサウェイは超絶美しく、ファッション、音楽、ギャグは楽しめました。パレードやパジャマパーティーのくだりはとてもよかったと思いますが、その他のシーンは…なんか引いちゃったな。尺的にもダラダラ2時間近くかける必要はなかった気がします。最終的に女王も姫も官僚も能天気に暴走しちゃうし、本当に大丈夫かこの国?って感じでした。世間ナメんなよ! でも、「喉を痛めてもう歌えない」と言われていたジュリー・アンドリュースの歌声は超貴重!そこだけYoutubeで見ればいいかなって感じの1本。

  • hap********

    4.0

    ネタバレちょっとがっかり・・・。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • min********

    4.0

    プリティ・ハサウェイ2

    今回一番うれしかったのは、女王のクラリスさんとジョーさんが幸せになれたところですね。 女王をとるか、女性の幸せをとるか、悩んだクラリスさん・・   ミアが跡を継げると安心したからこその判断だったんですね。 ハサウェイさんは、相変わらずかわいいし。今回はかわいさに美しさが加わってホント魅力的な女性になりましたね。 自分の気持ちに正直になること・・。生涯の伴侶を決めるのは自分自身ですよね。 これから結婚しようとしている女性の皆さん。ホントに今つき合っている方を愛していますか? そんなことを観てて思いました。(男性の本音を見抜く目を養うことも大事かな・・) パジャマ・パーティーは面白かったです。みんな心から楽しんでたみたい。欧米では、普通にやってるんでしょうか?(まさか女王さまもやるとは・・・しかも・・。) ジュリー・アンドリュースさんの素敵な歌声も聴けたし、観てホントによかった。 最後に・・。ミアはデヴロー卿と幸せになれるのかしら・・まさか3・・有り?

  • gag********

    2.0

    マイケルは出ないのか…

    アン・ハサウェイが前回よりも綺麗で、そして大人っぽくなっていて魅力的でした。 キャストに関してはクリス・パインやアビゲイル・ブレスリンなども出演している分こちらのほうが良いけれど、ストーリーが前回の綺麗になりミアが成長していく過程のストーリーの方が面白かったかな。 あと、マイケルと前作であんなにいい感じになっていたのに今作に登場しないなんて…(オファー断られたからバンド活動で忙しいって設定にしたのかな?) クリス・パインが自転車をこいでいるシーンで流れる曲は良いですね(ウィリアム・テル序曲)

  • yos********

    1.0

    ジェノビア国

    王族の豪華な生活の裏では、多くの民が苦しい暮らしをしているだろうと思った。

  • kei********

    2.0

    前作のきれいなラストに続編?

    前作で主人公のミアは女子高生でした。あれから5年が経過して今作では大学を卒業したミアがジェノヴィアへと向かいます。 前作よりもさらに女性向けになっていると感じました。 豪華な城に不必要と思えるくらいのドレスや宝石の数々や各国の王室関係者を招いたパジャマパーティを見て一層その思いが強くなりました。女性であれば憧れたり、綺麗と感じたりするところかもしれません。しかし、私は主に洋梨しかないような国の王室が贅沢しすぎだと思ってしまいました。事実、国民の中には貧しい暮らしをしている人もいるようでした。 ストーリーもラストが大体読めるにもかかわらず、無理矢理突き進んでいる感じがしました。 前作に引き続き出てきた親友は何様だと言いたくなるくらいジェノヴィアに内政干渉しているように感じられました。 私がジェノヴィアの国民だったらミアには女王になって欲しくないです。前作ではちょっとしたドジはかわいいで済んでいました。今作では私の中で彼女への好感度がガクッと下がりました。 DVDにはディズニーらしくおまけとして“あなたはどんなプリンセス?”というクイズがついていました。 あくまで私の意見ですが、これまで書いてきたように今作は蛇足だったと思います。前作のきれいな終わり方が台無しになってしまったような気がしました。 前作は普通の女子高生が実は王位継承者だったというのが見所でした。今作は王室の華やかな生活と王室ならではの苦悩が見所です。 王室の華やかな生活に憧れている人であれば楽しめるのではないでしょうか。反対に私のような夢のない人が観ても楽しめる可能性は低いでしょう。 前作よりも対象年齢が低く、お姫様に憧れている女の子向けだと思います。

  • lap********

    5.0

    2の方が好き!

    このシリーズは2のほうが好き 相手役のイケメンとの掛け合いが面白い いがみ合う二人が惹かれあっていくシーンにキュンとくる 素直じゃないミヤが可愛いな~ あんなプリンセスいたら誰でも好きになるよ! まさにロイヤルウェディングな物語

1 ページ/3 ページ中