2005年5月28日公開

オペレッタ狸御殿

1112005年5月28日公開
オペレッタ狸御殿
2.4

/ 102

9%
13%
17%
28%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

狸と人は恋に落ちてはならないといわれている中、唐の国から狸御殿に招かれた狸姫(チャン・ツィイー)とがらさ城城主の世継ぎ・雨千代(オダギリジョー)はひと目で恋に落ちてしまうが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(52件)

ファンタジー18.0%楽しい14.1%不思議11.7%笑える10.9%コミカル10.9%

  • m10********

    2.0

    やりたい放題ふざけて作った映画

    鈴木清順監督の遺作ということで鑑賞。 清順監督といえば夢と現実や生と死の境目をぼかすような作風が魅力ですが、この作品では支離滅裂さが悪目立ちした印象。セットやメイクの安っぽさが説得力を欠いてしまった要因でしょうか。観続けるのが苦痛なほど退屈しました。 しかし良くも悪くも監督がやりたい放題に我儘に作った映画です。観る者を置き去りにしている感じは否めませんが、楽しく作ったんだろうなということは伝わってきます。 人に進んで勧めはしませんが、鈴木清順監督の想像した世界を感じたいという人は観ても良いのではないでしょうか。

  • bon********

    1.0

    人は衰える

    鈴木清順が衰えたんだね。全てがチグハグなとんでもない駄作。

  • whi********

    3.0

    難しく考えずに楽しめる作品

    人と狸の恋という設定がユニークで、小物を使ったミュージカルなど演出が面白かったです。クスッと笑えるシーンが多くて、久しぶりに映画を見てこんなに笑いました。 オダギリジョーは雨千代の役が似合っていてあの髪型がなんだか可愛らしかったですし、チャン・ツィイーは可愛くてダンスのシーンなど動きがしなやかでさすがでした。二人の共演が見れてよかったです。

  • ham********

    3.0

    観ててもいいんじゃない?

     ともかく、やっす~い映画なのよ、これが。 しかし、配役はすご~くユニークで貴重なんだよね。  鈴木監督は面白い!と苦笑します。 20年ぐらいたつと、妙に懐かしく思い出され、オダギリ君が畑?みたいなところで歌うシーンとか、ロマンティックに記憶に蘇ってきます。Why? 引き出しとして、観ておくべきだと、私は思います。ははは(^I^)

  • met********

    3.0

    殺されても可なり

    PONP

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
オペレッタ狸御殿

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日