レビュー一覧に戻る
リザレクション

リザレクション

RESURRECTION OF THE LITTLE MATCH GIRL

123

win********

1.0

ネタバレストーリーが読めない

私国語はかなり得意なつもりです。物語の筋書きを正確に把握できます。 でも、この映画は筋書きが全くつかめなかった。これほどまでにストーリーが暴れ狂う作品は初めてです。 物語が終わっても謎だけが残ります。何というか、ストーリーが全くつながりがなく、全く別々の作品のばらばらのシーンを主人公とマッチ売りの少女だけが渡り歩いていくような錯覚を覚えました。 そして、物語の最後は何が何だかわからないうちにどうやらハッピーエンドらしい。観る者を置いてきぼりにしてどんどん進んでいきます。脈略が全く理解できないまま、とにかくバトルしながら進んでいきます。 主人公が死んだと思ったら現実世界に戻ってすべてがゲーム世界の話だったと言う落ちになり・・・と思ったらまたバーチャル世界に戻ってライターを返すと言いだし、別れるのかと思いきや少女が大暴れして主人公とともに共同戦線、主人公撃たれまくりだけどなぜか死なない、少女は蝶を撃とうとする。どこからか放たれた銃弾が少女を貫く。海に落ちる少女。主人公が追いかけて手をつなぐと少女復活。浮上して主人公が蝶を打ち落とす。 →You Win こんな感じ。もう何がなんだかわかりません。最後はどうやら少女と幸せに暮らしているらしいけど、そこは地球ではないとか地球だとか・・・ 忘れてはならないのが、ストーリーのあちこちにボケがまき散らされていること。どれだけ突っ込めば良いんだこれ。 イメージとしては、涼宮ハルヒをご存じだろうか。彼女が文化祭で映画を作るという話があるのだが、きっと彼女の気の向くままに映画を作らせたらきっとこんな感じになるはず。観たことがある方はこの意味がわかるに違いない。 私としては、マッチ売りの少女がとても可愛かったことだけが重要な映画になった。ストーリーさえきちんと作れば、歴史に名を残す傑作にも化けたかもしれないが・・・素材はなかなかそろっているのにストーリーだけがマイナス一億点くらいの状態なんですよ。なんてもったいない。

閲覧数844