レビュー一覧に戻る
リザレクション

リザレクション

RESURRECTION OF THE LITTLE MATCH GIRL

123

ea0********

3.0

必殺兵器はコードネーム「サバ」!!

 日本の(?)アニメキャラのイラストが出てきたり、「マトリックス」の真似というよりは、押井守の悪いとこ真似たって感じです。ノッケから喫煙シーンも多かったし。  でも、原題の訳は「マッチ売りの少女の再臨」(ロードショー前の、東京国際映画祭上映時もこの邦題)だったのですが、少女が売ってるのはライターだし、内容も、どこが「マッチ売りの少女」に因んでいるのか解りませんでした。    ヴァーチャルゲーム世界に入って行く主人公も、どこから異世界なのか判らないし、ラストが2パターン有って(?)どっちが本筋なのか判らないし、ゲームに勝った方のエンディングの舞台って、あれはいったいどこなのっ?!!    途中で機関銃を持ち出して乱射しまくる「少女」も、あのシーンの意味がよく解らなかったですし、それに熱狂する群衆っていったい……?!    でも、あの「コブラ」のサイコガンみたいな機能のオモチャ銃が必殺兵器で、コードネーム「サバ」というのには笑えました。  両目だけで出てくるゲーム管理者(?)もクールでしたね。  CG使った特撮や、大型トラックを吹き飛ばすアクションシーンはよかったです。    但し、許せないのは、タル・パラン作曲のサントラ盤CD(国内盤はないですが、韓国盤を新大久保で入手)に映画のメイン・タイトル曲が収録されていないこと!!  まあ、終戦直後の日本の歌謡曲みたいな歌ですが、劇中で使った曲を収録せずに、使ってもいない余計な曲が多く収録されてた印象で、CDは\1,780ぐらいで安かったけど感じ悪かったです。

閲覧数342