ここから本文です

オーシャンズ12 (2004)

OCEAN'S TWELVE

監督
スティーヴン・ソダーバーグ
  • みたいムービー 244
  • みたログ 8,591

3.14 / 評価:1556件

豪華キャストのコメディアクションを楽しむ

  • Shoko さん
  • 2020年4月25日 21時25分
  • 閲覧数 1032
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

二週間くらい前にテレビで「オーシャンズ11」をみて、その時、続きにあたる「オーシャンズ12」も録画していたんだけど、期待が高すぎたのか「11」にあまりはまらなかったから、「12」は放置状態。

見ないと削除できないしな〜、というとても消極的な理由で昨夜、鑑賞しましたが、なんとこれは面白かったです!

映画レビューが鑑賞者のコンディションによるようではフェアじゃないとは思いますが、プロではないのだから、個人的な感想ということで。

一作目は夜遅くて、疲れてて、みてて眠くなっちゃった。

二作目はまったく何の期待もないから気楽。でも一作目をみたばかりでよく覚えているから、登場人物になじみがあって、なんだか懐かしい気持ちで楽しめたのかもしれません。
ダニエル・クレイグの「007」やイーサン・ホークの「ビフォアシリーズ」でもそうだったけれど、続編は途中何年も間をおかずにすぐ見る!これに限ると私は確信しました。
コロナ自粛で自宅にいる今がチャンスですよ!

他の方のオーシャンズのレビューを読むと私の感じ方とは違い、世間的には一作目は高評価、二作目はイマイチ、みたいですね。

この二作目、確かにストーリーが難解なんですけど、私は初めからわかろうと思ってなかった。「オーシャンズ8」もみてるから、どうせどんでん返しみたいになるんだろうと思っていて、わからなかったらあとからネットでネタバレ解説よもうと決めてたんです。

というわけで理解するつもりもなく、自然に気楽〜に、豪華キャストの掛け合いの妙を楽しんじゃったわけです。

今回はすごいね。ジョージ・クルーニー&ジュリア・ロバーツカップルに加えて、ブラッド・ピット&キャサリン・ゼタ=ジョーンズ。さらにブルース・ウィリスまで〜〜。

私はあのホテルマンの、ジュリア・ロバーツが来る!みたいなセリフでむっちゃ笑って引き込まれました。

そしてジュリアのお友達のブルースさんが!
お友達だったら本人かどうか間違えるわけないんだけど、あぁ、もう本当に楽しいわ〜。

私の大好きなマット・デイモンさんもすっかりいじられキャラになっちゃってて。
ジミー・キンメルのマットさんいじりはもうこの頃からはじまってたのかな。
私は「グッド・ウィル・ハンティング」のマットが本当の彼だと思ってるから、このいじられ方は不憫なんですが、でもそれも彼が愛されてる証拠だと思うし。
マットさんは「オデッセイ」でアカデミー賞受賞の実力のほどをみせてくれましたしね〜。

それからなんといってもヴァンサン・カッセルがよかった〜。
この頃まだ30代なんだ。初々しいし白いスーツ姿がかっこいい〜。
まだイタリアの宝石、モニカ・ベルッチと結婚していた頃ですね。
彼ならモニカを射止めるのもわかる〜。
レーザーを避けるシーンのダンスが素晴らしかったです。
もうあそこだけみていたいくらい。

この映画はストーリーよりなにより、豪華キャストのみなさんのコメディアクションを楽しむ極上の娯楽作品ととらえて楽しむのが正解だと思います。

ほ〜んと、面白かった。もう一回みようかな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • ゴージャス
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ