ここから本文です

交渉人 真下正義 (2005)

監督
本広克行
  • みたいムービー 39
  • みたログ 3,647

2.88 / 評価:605件

そんなに悪くない

  • aru******** さん
  • 2012年11月3日 23時38分
  • 閲覧数 942
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

最新鋭の試作車両・クモがネットワーク上で乗っ取られ、遠隔操作で地下鉄網を暴走する。
交渉人として名をあげた真下に対し、犯人から挑戦状が届き・・

踊る大捜査線シリーズのスピンオフ作品です。
青島やすみれなど中心的なキャラは出てこず、真下以外は馴染みのない人が多いです。
気性の荒い刑事・木島、地下鉄総合指令室の片岡などと協力し、事件の解決にあたります。

作品のテイストはシリーズの方とはちょっと違い、重めの雰囲気です。
その解決にあたる真下のキャラが軽めなので、そこに違和感を感じるか、バランスを取っていると感じるかは、人それぞれだと思います。

都合のいいところ、無駄に思わせぶりなところ、ハッキリしないところ、色々とあり、本格派とは言えません。
それでも駄作かと言えば、それほどひどくもないと思います。

色んな要素をごった煮にして入れ込む『踊る劇場版』とは違い、1つの事件を描いていることに好感を持てます。
コミカルさは控えめで、濃いおじさんたちが頭を悩まし、足を使い、頑張っています。

『踊る』のファンがどう感じるのかは分かりません。
(ファンだったらとっくに見てますかね)
ファンではない僕にはボチボチでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ