ここから本文です

交渉人 真下正義 (2005)

監督
本広克行
  • みたいムービー 36
  • みたログ 3,580

2.88 / 評価:546件

アイディアを使いこなせなかった残念な映画

  • とみいじょん さん
  • 4級
  • 2015年8月25日 22時04分
  • 閲覧数 3429
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

地下鉄のくだりはハラハラドキドキ。ぶつかりそうでぶつからない所もスリリング。
スタイリッシュな映像でまとめているのに、クモがオ―ムみたいで懐かしいとか。

ただそれ以外が…。
『交渉人』を銘打っているけど、全然交渉になっていない。あんな交渉の仕方したら、まとまるものもまとまらない。作戦で怒鳴りつけるというのもあるけど、あの流れでいきなりやったら、普通交渉決裂。「またかけてきます」とかいうけど、流れ的に説得力なし。
 ただ脚本の都合上そういう設定でOKみたいな。あんなので「交渉」しているつもりなんて、ふざけるなといった感じ。

仕事についてのリサーチなんてしておらず、たぶんこういうもんとして受け狙いで作っていくと言う甘さと言い、演出と言い、演技と言い、ご都合主義が散りばめられて、やっつけ仕事丸出し。映画では耐えられないや。

これって本当に人気あるシリーズだったの?
消耗品。とにかくノリでその場で話題になればいい程度で仕上げた作品です。

唯一良かったのは國村さん。あの顔で、あの間。あの緩急。何気ない応答、仕草で(笑)をとってました。八千草さんとのからみもなぜかいい味出してるし。  「これでもか」と色々な映画に出演なさっていますが、強面もコメディもいける。職人芸すごいなあと思います。

他のレビューを拝見すると、いろいろな映画のパクリがあるそうですね。アイディア的には拾いものがあるので、もっと気を入れて脚本、演出等を考えたら、もっと面白いものになるだろうに、と残念です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ