ここから本文です

交渉人 真下正義 (2005)

監督
本広克行
  • みたいムービー 36
  • みたログ 3,581

2.88 / 評価:547件

素材を活かしきれない映画

  • kun***** さん
  • 2019年5月6日 2時41分
  • 閲覧数 1410
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

交渉人なのに全く交渉してないというツッコミはおいておいて素材が全く生かされてない。
話は中盤まで面白かったのに終盤がダメダメ
・犯人は謎のまま
・所々にカラスの伏線があるのに活かせてない
・なんで真下のプライベートの情報(デート先の座席番号)まで知り得たのか
そもそもなんで犯人は自殺したのか
など腑に落ちない点が多すぎ。

これなら犯人は石井正則でよくない?と思った。
真下が唯一、今夜新宿でデートがあると話した相手
指令所の情報から車両システム、脇線・支線・建設中の路線に至るまで鉄道に関する情報に精通している点
動機は広報に飛ばされた経緯とかいくらでも作れたじゃん?

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ