ここから本文です

交渉人 真下正義 (2005)

監督
本広克行
  • みたいムービー 36
  • みたログ 3,579

2.88 / 評価:545件

盛り上がりに欠ける踊らない大捜査線

  • bat***** さん
  • 2019年9月16日 17時01分
  • 閲覧数 127
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

踊るシリーズのスピンオフ第一弾。
東京の地下鉄が舞台の事件ものなので、それだけで期待値が高まる。
電車のトラブルは身につまされるし、路線という都市伝説っぽいネタも大好物だ。

踊る大捜査線シリーズの1つやから期待はしてたけど、想像以下で少しショック。
ただ、警察の交渉課って部門の仕事がメインに描かれてて、いつもの踊る大捜査線らしいドタバタとか捜査があんまり無かったから、良くも悪くも新鮮な気持ちで観れた。

犯人の正体と結末が不気味だが、これはこれで良かった。なんか、世の鬱屈したオタクたちの象徴が具体化した(?)みたいな感じで。

木嶋刑事がいい味を出してる。昔の刑事って感じがして、見てて楽しめる。
言動1つ1つが面白いし、様になってるからカッコいい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ