レビュー一覧に戻る
姑獲鳥の夏
2005年7月16日公開

姑獲鳥の夏

1232005年7月16日公開

tak********

5.0

実相寺×京極

京極夏彦の代表作の一つ「姑獲鳥の夏」を実写化。 監督は円谷プロの重鎮の一人、実相寺昭雄監督。 原作はミステリーともホラーともいえない不思議な作品で、心的描写も多い作品で 実相寺監督との相性は良かったです。 実相寺監督の得意技の「光」も遺憾なく発揮されており、京極作品の雰囲気を出すのに十分で、実相寺ファンには見て欲しい作品です。 ただ、原作準拠にすると描写できない上に、その所が作中最も重要なポイントであったのが、悔やまれる。 なぜ関口君は久遠寺院を覚えていなかったのか、なぜ恋文のことを忘れていたのか、そういった点が説明不足でした。 映画そのものの閉め方も「監督らしい」作品でした。 僕自身は同監督のウルトラマンティガの「花」「夢」、ウルトラマンダイナの「怪獣戯曲」を気に入っており、またいつものキャストも出ていたのでおおむね良かったと思います。

閲覧数3,181