レビュー一覧に戻る
姑獲鳥の夏
2005年7月16日公開

姑獲鳥の夏

1232005年7月16日公開

st1********

4.0

京極夏彦も関わった実相寺昭雄監督作品

原作者の京極が出演やら金田一ものの横溝的存在でこの作品には関わっているという、原作者のお墨付きを頂いたような映画というと大袈裟か。 映像が如何にも実相寺監督らしい。「帝都物語」とかこういった摩訶不思議な作品にはこの監督の独特の映像が似合う。期待していたような「陰陽師」のような超常的な内容ではなかったが、そんな風に待ち受けしてしまう思わせ振りな映像は大林監督に通ずるかもしれない。 そういう意味では肩透かしではあったが、京極夏彦のテイストは出せているのではないかと思う。 堤の京極堂は、ハマり役ではないか。金田一シリーズのように今後も続けて欲しいという期待はあったのだが、次作では監督も変わり映像化の難しさを加味しても散々な作品となってしまい、折角期待していたの堤の京極堂シリーズ化はならなかった。本当に惜しい限りである。 言えるのは、この作品は次作よりは比較すべくもないレベルで格段に優れているということだ。

閲覧数2,719