2005年3月26日公開

ハウス・オブ・ザ・デッド

HOUSE OF THE DEAD

902005年3月26日公開
ハウス・オブ・ザ・デッド
2.0

/ 106

6%
8%
10%
27%
48%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アリシアたち5人の若者は、無人島で秘密のレイヴ・パーティーがあると聞き、島に上陸する。しかし会場には無残な死体の山が……。この島にはなぜかゾンビが生息し、人間たちを次々と襲っていたのだ。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(52件)

恐怖12.7%笑える12.7%不気味10.8%絶望的10.8%パニック9.8%

  • kur********

    2.0

    レビューの評価が、

    あまりにも低いんで、覚悟してみたがw 脚本は無茶苦茶で、演出もどうかと⁈ けど、思ったより悪くなかった。 TVの深夜映画でやっていたら、 アタマ小学校レベルで見たら、 見れるかも。

  • btz********

    5.0

    ネタバレ100年に一度の傑作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tetsu32

    2.0

    ネタバレどこに注目させてんだ。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sav********

    3.0

    悩みから目をそらしたいときにおすすめ

    頭からっぽなB級映画だと思って見れば面白いです。 曰くつきの島、そこに飛び込んでいく頭の軽そうな若者たち (バカをひっぱる用にヒロインは比較的分別あるタイプ)、 彼らが面白く逃げ回るように演出に手を貸してくれる正義の大人(保安官) と対をなすダメな大人(麻薬の密輸業者)。 ちゃんとパニックホラーをつくる土台ができている。 ゲームが原作とのことで、度々ゲーム画面とリンクしてゾンビをクラッシュしている演出が入ったり、キャラクターが死亡したときにそのキャラがゲームオーバーしたような演出が入ったりするのが評判悪いようだけれど、 わざとB級臭を強くしておバカ度をあげ、他のバカホラーからちょっと 目立とうとしているようでいい。 難点は導入が長い。 主人公が出だしにちょっと出たあと30分くらい不在。 ベタベタなキャラクター達のくせに、ちょっと前に喋ったことと真逆のことを 言ったり行動したりする。 魅力的なキャラクターはB級映画にも必要だと思うので、そこはもう少しなんとかして欲しかった‥船長は結構格好よかったけど、最後のシーンはちょっと。 すごく個人的に難点だったのが、 主人公が医学生で他と違う頭がよくて行動力もあるイケメンという 鼻に付くキャラクターであること。ただラストシーンのためのキャラクター性と思えば、必要な個性なのでしょうがないか。

  • fol********

    2.0

    ネタバレかなり微妙

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ハウス・オブ・ザ・デッド

原題
HOUSE OF THE DEAD

上映時間

製作国
アメリカ/ドイツ/カナダ

製作年度

公開日