ここから本文です

稀人(まれびと) (2004)

監督
清水崇
  • みたいムービー 9
  • みたログ 66

2.31 / 評価:32件

つまらない理由は引退した脚本家の責任

  • escapefromnyandla さん
  • 2014年11月2日 3時52分
  • 閲覧数 2950
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作の脚本家、小中千昭のJホラー解説書「恐怖の作法」を読みました。しかし、著者は脚本家を引退状態とのことで、それを知って「稀人」を再見してみようと思いました。昔、見たときは清水崇がダメ監督だからつまらないと考えていたからです。結論は、実は脚本がダメだったからつまらなかったのだと思い直しました。「恐怖の作法」には黒沢清、中田秀夫、鶴田法男ら現在も活躍する監督たちと小中千昭が一緒に取り組んだ昔の仕事がさんざん登場しますが、この監督たちが小中千昭に二度と声をかけていない事からも「稀人」の脚本のレベルが知れるというものです。清水崇は悪くない。10年前は清水崇がダメなんだと思い込んでしまいました。清水監督、ごめんなさい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ