ここから本文です

けっこう仮面 RETURNS (2004)

監督
長嶺高文
  • みたいムービー 1
  • みたログ 13

3.00 / 評価:4件

うっぴー、ぐっぴー、あっきー!!

  • tengu3711 さん
  • 2009年5月25日 5時54分
  • 閲覧数 630
  • 役立ち度 14
    • 総合評価
    • ★★★★★

ヤフーの作品、あらすじ欄を読んで、「これは見なければ・・・」と、

使命感に燃えていた作品です。

昨日も、「ベイビィ、ベイビィ、ベイビィ」か「消されたヘッドライン」か

悩んだんですが、普段レビューを消され続けてる私としては、

もう「消された~」は嫌だ!と選択しました。


しかし、この作品に関する「あらすじ」は、まるで観たかの如く、完璧です。

流石ですな・・・「デモンズ4」の後は、こーゆーのに限ります。

「けっこう仮面」って、ヌンチャクだったっけ?

憶えてないなぁ・・・ま、いい具合に、力が抜けていいですなぁ・・・

「世界の車窓から」石丸謙二郎もノリノリです。

「必死というのはなぁ・・」漢字うんちくも、タイムリーですな。

「けっこう仮面」と言えば、ラストは、お決まり!

今回は、必殺技「おっぴろげ~V字バランス」でした。「デモンズ」の余韻消えました。


生きてるって、素晴らしい!!


この作品、ほしのあきチャンで、8割がたもってます。当時27歳。

なのに、このスクール水着の似合い様は、何なのだろう?

終始、スクール水着でした・・・衣装さん大助かり。

彼女の腰のくびれは、凄いね。

スクール水着からでも、よくわかるし、足も長い!

この頃から、キャラ変わって無いね。


レビュータイトルは、最後にあきチャンが、観客に向かって手を振って言うセリフ。

おとうさん、今日会社で、このフレーズで挨拶しようかな?

鉄板で、「遂に、ストレスが頭にきた!」と思われるな・・・

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ