ファースト・スピード
2.6

/ 11

0%
0%
64%
36%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(4件)

かっこいい33.3%勇敢33.3%切ない16.7%知的16.7%

  • kak********

    3.0

    デニス・ホッパーの貫録が光る米テレビ映画

    TV映画である為か、カー・アクションあり、復讐劇あり、 陰謀やロマンスありと、てんこ盛りの内容。 主演は、「ブルーベルベット」など独特の個性で迫力ある 演技を披露しているデニス・ホッパー。そして、共演では 性格俳優のウィル・パットンが暗い過去を背負った息子役 を好演している。 物語は、30年前の事件の謎を解きながら、家族の絆を 取り戻してゆく過程を描いていくのだが、TV映画の為か 過激なアクションや性描写のシーンはなく、淡々とした 展開が続く。 「イントゥ・ザ・ブルー2」で主演を務めたクリス・ カーマックと「ローグ アサシン」に出演のナディーン・ ヴェラスケスが若いカップルとして登場し、事件に 巻き込まれながらも、人生で大切なものは何か学んでゆく のだが、スーパー・カーに合わせてスタイリッシュな演出 をしている為か見た目の格好の良さが強調されている。 一口で言えば、新鮮味のない内容なのだが、肩の凝らない 内容で、娯楽作品としては平凡ながらまとまっている。 デニス・ホッパーの怪演は見られないものの、持ち味は 十分発揮されていて流石である。 原題の"THE LAST RIDE"は主人公の下した”決断”に関係 していて、意味深い。 地味ながら、お茶の間の娯楽作品としては及第点に達して いる。

  • 2にゃんパパ

    3.0

    カーチェイスは少なめ

     ワイルド・スピードからすればカーチェイスシーンが少なめで、それを期待して見るとちょっと物足りない。主人公以外の車が次々に壊れて爽快感を感じたい向きには全くもって向かない。何しろ、パトカーが2台、主人公に巻かれた時に接触事故をするくらいの壊れ方で、しかも、板金すればすぐに治りそうな位の軽度の物損事故。  最後に、派手にビンテージ物のGTOが崖から落ちて大爆発するが、死なずに真犯人に服役させて罪を償わせる方が良かったんじゃない? と思えるので、あまり後味が良くないクラッシュだ。  TV映画として作られたそうで、予算的なものがあって、あまり派手なことは出来なかったようだ。  そればかりか、新型GTOがこれでもかと美形を保った姿のままで走る映像には「プロモーションDVD?」って感じすらある。3色のカラーバリエションの走行シーンが楽しめるので、ポンテック車を検討する方にはオススメです(笑)。  ストーリーは良いと思う。ジュニアが育ての父の恩義をぬぐい切れずにジレンマに陥る様子など、描写はよくできている。  どっちかといえば、親子の絆を考えさせるヒューマンドラマに、おまけに車のシーン(あえてカーチェイスとは言わない)があって、カーフリークもそこそこ楽しめる、と言う映画かな。

  • gre********

    3.0

    ネタバレファースト・スピード

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kazu2480

    3.0

    思ったほど車に固執していない。

    時間があったので、スカパーで見てみました。 予備知識のないまま鑑賞を始めたので、冒頭だけを見て 「あ~、カーアクション映画か・・」 と残念に思ったのですが、意外や意外思った程 車に固執する訳でもなく(もちろん好きな方には たまらないのでしょうが・・)サスペンスやアクションを バランスよく取り入れている映画です。 終盤の展開などは、ちょっと雑かもしれませんが デニス・ホッパーのチョイ悪オヤジ役も見られるし 何より84分という事でサックリ見られるのがいいですね。 暇つぶしには良い映画だと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ファースト・スピード

原題
THE LAST RIDE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-