ここから本文です

ファースト・スピード (2004)

THE LAST RIDE

監督
ガイ・ノーマン・ビー
  • みたいムービー 2
  • みたログ 61

2.64 / 評価:11件

デニス・ホッパーの貫録が光る米テレビ映画

  • hoshi595 さん
  • 2011年11月17日 3時42分
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

TV映画である為か、カー・アクションあり、復讐劇あり、
陰謀やロマンスありと、てんこ盛りの内容。

主演は、「ブルーベルベット」など独特の個性で迫力ある
演技を披露しているデニス・ホッパー。そして、共演では
性格俳優のウィル・パットンが暗い過去を背負った息子役
を好演している。

物語は、30年前の事件の謎を解きながら、家族の絆を
取り戻してゆく過程を描いていくのだが、TV映画の為か
過激なアクションや性描写のシーンはなく、淡々とした
展開が続く。

「イントゥ・ザ・ブルー2」で主演を務めたクリス・
カーマックと「ローグ アサシン」に出演のナディーン・
ヴェラスケスが若いカップルとして登場し、事件に
巻き込まれながらも、人生で大切なものは何か学んでゆく
のだが、スーパー・カーに合わせてスタイリッシュな演出
をしている為か見た目の格好の良さが強調されている。

一口で言えば、新鮮味のない内容なのだが、肩の凝らない
内容で、娯楽作品としては平凡ながらまとまっている。

デニス・ホッパーの怪演は見られないものの、持ち味は
十分発揮されていて流石である。

原題の"THE LAST RIDE"は主人公の下した”決断”に関係
していて、意味深い。

地味ながら、お茶の間の娯楽作品としては及第点に達して
いる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ