2004年12月11日公開

ホワイト・ライズ

WICKER PARK

1162004年12月11日公開
ホワイト・ライズ
3.7

/ 242

25%
38%
26%
7%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

結婚を控えた若きビジネスマン、マシュー(ジョシュ・ハートネット)は、2年前に突然姿を消した元恋人リサ(ダイアン・クルーガー)を街で見かける。いまだ彼女のことが忘れられないマシューは、リサを探す決意をするが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(129件)

切ない27.1%ロマンチック22.0%悲しい10.8%泣ける9.0%不思議5.8%

  • dkf********

    3.0

    美女見たさに映画を観たっていいじゃないか!

    美人女優好きの自分としては、ダイアン・クルーガーとローズ・バーンというタイプの違う美女ふたりが共演していることで前から気になっていた作品。オリジナルのフランス映画「アパートメント」も観ていたので、その比較の面でも興味深く鑑賞した。 本作で観られる20代の頃のクルーガーの見目は、まさしく絶世の美女系の佇まいで見惚れるほど。オリジナルで同じ役のモニカ・ベルッチも美しかったが、遜色ない美女ぶりは眼福だ。 かたやローズ・バーンはどこか田舎娘的(役作りのせいか?)な雰囲気で、より親近感のある身近な美人という感じ。ただ彼女は本作の若い頃より、美魔女的美しさのある今の方が断然よい。 このふたりを見るのが目的だったので内容は二の次だが(笑)、オリジナルの個性的なストーリーラインはそのままにラストがいかにもな普通のラブストーリーに収まってしまった印象は否めない。反面、ハリウッド映画らしい見やすさは格段に向上しているので、比較しなければそこそこ楽しめると思う。 美しいものを愛でるのは人間の本能。美女見たさに映画を観たっていいじゃないか!

  • koume1532

    4.0

    ネタバレホワイトライズ=白い嘘?と思ったら・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    4.0

    ローズ・バーン

    スターウォーズの時も影武者 今回もなりすまし

  • Karuna

    4.0

    美女3人に愛される優柔不断なジョッシュ

    初めてみたときは素晴らしき名作だと思った。 久々に再鑑賞。色々経験してしまった今の私が見るとなんだか物足りない。 しかし、それにしてもジョッシュ演じる主人公は三人の美女に愛されながらずるい男である。 今をときめくダイアンクルーガーとローズバーンが若い!あの時から光ってましたね。 音楽、映像が素晴らしい。 サスペンスとしても話が二転三転して面白い。 しかし、原作のモニカベルッチのアパートメントの方がいいかもしれない。 一番の魅力はダイアンクルーガーであった。 ラストシーンは秀逸。

  • yuki

    3.0

    ネタバレサスペンスかと思ったら

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ホワイト・ライズ

原題
WICKER PARK

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日