レビュー一覧に戻る
ホワイト・ライズ
2004年12月11日公開

ホワイト・ライズ

WICKER PARK

1162004年12月11日公開

koume1532

4.0

ネタバレホワイトライズ=白い嘘?と思ったら・・

タイトルの英訳は『方便』だそうだ。 そう思って鑑賞すると同調はできないけど、納得できる部分もある。ただ、『白い嘘』の方が、寒さの厳しいシカゴが舞台で、映像も雪混じりで個人的にはシックリきます。 ストーリーはアレックス(ローズ・バーン)のついた嘘が1組のカップルを別れさせてしまった というもの。 そして、その嘘が2年後に予期せぬ形で返ってきます。 う~ん、もったいない脚本! 物語には2人のリサが登場しますが、うまく編集して 最後に種明かしをした方がインパクトがあったと思う。 現在と過去のカット割りも 曖昧でわかりにくいのも難点。 早々に、誰が嘘をついているかがわかり、犯人寄りの心理描写に力が入っている感じ。 またマシュー(ジョシュ・ハートネット)が元カレとはいえ、やってる事は犯罪スレスレで、婚約者がいながらアレックスと寝たりと好感が持てない。 ロマンス映画というより、マシューの追跡能力や、自分の嘘で窮地に陥るアレックスの心理サスペンスを楽しむ映画だと思う。 1995年製作『アパートメント』のリメイク版なので、興味のある方は、こちらもどうぞ。

閲覧数434